FM 長野エコチル信州応援団

詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

4月21日(金)「特別版 おはなしひろば」


あさって4月23日、何の日かご存知ですか?
実は、「子ども読書の日」なんです。
これは文部科学省が定めたもので、
子どもの読書活動についての関心と理解を深めるとともに、
子どもが積極的に読書活動を行う意欲を高めるために
制定されました。
またこの日から「こどもの読書週間」もスタート。
そんなわけで毎年この時期は、全国各地の図書館で、
子どもたちがさらに本に親しめるようなイベントや
特別企画が実施されています。

このうち今日は飯山市の市立飯山図書館の催しをご紹介しましょう。
飯山図書館では、1年を通して子供が本と仲良くなれる企画を
数多く開催。毎週木曜日には「絵本とわらべうたの会」、
第2日曜日を除く毎週日曜日には「おはなしひろば」、
さらに「親と子の絵本講座」を年1回開催するなど、
親子で本を楽しむきっかけをたくさん提供しています。

そして「子ども読書の日」当日のあさっては、
「おはなしひろば」をバージョンアップして、
「子ども読書の日特別版 おはなしひろば」という催しを開催しますよ。
この特別版では、いつもの「おはなしひろば」では登場しない
大型絵本を使っての読み聞かせがあります。
図書館司書さんの表情豊かなお話とダイナミックな
大型絵本のコラボレーションで、
絵本の世界をより楽しむことが出来そうですね。
どんなお話を読んでくれるのかは当日のお楽しみです。

この「子ども読書の日特別版 おはなしひろば」は、
あさって23日の朝10時半から、飯山市の市立飯山図書館2階
「えほんのへや」で開催。入場は無料で予約は不要です。
飯山市民以外の方も大歓迎です。
日曜日ですので、ご家族みんなで出かけてみてくださいね。
お問い合わせは飯山市立飯山図書館、0269-62-1118までどうぞ。

2017年4月21日 14:00

4月14日(金)「須坂市動物園 飼育の日イベント」


4月19日は、4・1・9の語呂合わせで「飼育の日」。
2009年に日本動物園水族館協会が定めたもので、
飼育員の仕事の見学や講演会などを通じて、
動物園や水族館の役割を理解してもらうことが目的となっています。

そんな飼育の日に須坂市動物園では今年で8回目となる
「飼育の日イベント」を開催します。
いくつかピックアップしてご紹介しますと・・・
まずは「南園ガイドツアー【飼育の日バージョン】」。
こちらは8年間続くお馴染みの企画です。
ヒツジやヤギなど家畜動物が飼育されている南園で、
動物についてのガイドだけでなく、飼育員とのかかわりについても
わかりやすく説明してくれます。もちろん餌やりの体験もできますよ。

そして去年から始まった飼育の日ならではの注目企画、
「飼育員による【飼育員】ガイド」。
こちらでは、飼育員になるにはどうしたらいいのか、
毎日の作業で使うのはどんな道具なのかなど、
知っているようで知らない飼育員さん情報がゲットできるとか。
草食動物と肉食動物とでは、飼育スペースの
お掃除方法や道具も違うそうですよ。
こちらはおひる11時半からと午後2時半からの開催です。

さらに今年の須坂市動物園の顔「代表動物」に選ばれた
ペンギンのトットちゃんちのお掃除が体験できる
プレゼント付きの企画も。
こちらは当日おひる12時からで先着5組までとなりますので
ご希望の方はお早めに出かけてみてくださいね。
 
今日ご紹介した須坂市動物園「飼育の日イベント」は
今月19日(水)開催。
入場料は高校生以上200円。中学生以下は70円となっています。
お問い合わせは臥竜公園管理事務所026-245-1770までどうぞ。

2017年4月14日 14:00

4月7日(金)「緑育フェスタ2017」


だんだんと暖かくなってきて、田んぼのあぜ道や道端にも
たくさんの草花が顔を出し始めましたね。
お子さんとお散歩しながらの春探しも楽しいシーズンです。

そんな季節にぴったりのイベントが今月22日と23日の土日、
長野市の篠ノ井中央公園で開催されますよ。
題して「ながの花と緑 緑育フェスタ2017」。
花や緑に親しむための各種園芸教室や専門家の講演に加え、
ビンゴ大会やマジックショーなどのステージイベント、
子供服や絵本のお下がり交換会などもあって、
小さなお子さんからご年配の方まで集える催しです。

もちろん、植物や木材に直接触れて親しめる
コーナーも盛りだくさん。
例えば、カラフルなジェルボールをコップに入れて、
挿し木で育つ植物をオシャレに飾る
「ジェルボールインテリア作り」や、
木材を自分で削りながら木のいい香りと手触りを
感じて制作するマイ箸作りなどの緑育ワークショップ。
こちらはお子さんにもお勧めです。

また、親子で参加できる教室もありますよ。
22日は、木材を使って作る「昆虫クラフトづくり」や
母の日向けのフラワーアレンジメントなど。
23日はたまごの殻をカラフルに彩って、
その殻に多肉植物を植える「多肉植物&たまごデコ」や、
山野草を使う苔玉づくりなどがあります。
親子ペアでの参加のほか、大人のみで
参加できるものもあります。
おうちに持ち帰って、緑と一緒の暮らしを楽しむ
第一歩にしてくださいね。
なお、これらの教室は定員が設けられていて、
事前の申し込みが必要です。
いずれも定員になり次第締め切りとなりますので、
お早めにお問い合わせくださいね。

教室の開催時間や参加費、
また「ながの緑育フェスタ2017」について詳しくは
「ながの緑育協会」のホームページをご覧ください。

2017年4月 7日 14:00

3月31日(金)「理科実験ミュージアム」


飯田市にあるかざこし子どもの森公園・おいで館では、
4月~11月までの毎週土日を中心に
「理科実験ミュージアム」というワークショップを開催しています。
運営しているのは「南信州飯田 おもしろ科学工房」
ボランティアスタッフの皆さん。
身近にあるものを使ってあっと驚く実験をしたり、
ものづくりを楽しんだりする大好評の講座で、
現在のメニューはなんと100以上あるそうですよ!

その中から、来月4月は、「飛ばすおもちゃ」を
毎週ラインナップ。
例えば2日(日)は「エックスジャイロ」作り。
これはB5サイズのコピー用紙を3回折り曲げて
円筒形にするだけの簡単なものなんですが、
飛ばし方をマスターすれば10m以上飛ぶというすごいおもちゃなんです。
また23日(日)は「ラワンヘリコプター」を製作。
羽根突きの羽の形に似たラワンという植物の種の形を真似て、
くるくると回転しながら舞い落ちる模型を作って遊びます。
外に出て遊びたくなるこの時期にぴったりの、
屋外でも使えるおもちゃばかり。
親子で参加して工作と外遊び、両方楽しみましょう!
 
この理科実験ミュージアム、参加は無料。
年齢制限はありませんので、お子さんから大人の方までOKです。
また、特別な場合を除き定員も設けられていませんので、
予約なしで気軽に参加できます。
もちろん飯田市民以外の方の参加も大歓迎。
おもちゃを作って動かしてみる体験を通して、
自然に科学が好きになるかもしれませんね。
開催日と内容はかざこし子どもの森公園の
ホームページで確認できます。
お問い合わせは飯田市教育委員会 生涯学習・スポーツ課
0265-22-4511 内線3741までどうぞ。

 

2017年3月31日 14:00

3月24日(金)「こどもの心雑音と心臓検診⑤」


先月から子供の心雑音と学校で行われる
心臓の検診について取り上げてきました。
教えてくださるのは信州大学医学部助教で
小児循環器がご専門の元木倫子先生。
最後5回目の今回は、学校心臓健診で、
さらなる検査が必要になる「二次検診」についてです。



【元木先生】
二次検診には例年1〜2%程度の人が呼び出されますので、
だいたい40人のクラスだと1人弱の呼び出しが
ある計算になります。その中で最終的に心臓に
問題があると診断される子どもさんは3割程度です。
ただ、そのほとんどは軽症で、運動制限が必要になるのは
ほんの一部です。ただ、ごく少数ではありますが、
運動で突然死の危険がある病気が診断されます。
適切な運動の管理や治療を行うことで、
突然死を未然に防ぐことが心臓検診の大きな目的です。

二次検診に呼び出しになると、ご両親がとても心配されて
受診される場合があります。
一方、症状もなく元気なので二次健診に来られない方も
いらっしゃいます。二次検診の多くの子どもさんは
異常なしと診断されますが、ほんの一部のお子さんですが、
運動で突然死を起こす危険がある病気が見つかります。
念のための検査とご理解ください。

ちなみに、学校心臓検診で新たに診断される
大事な病気は大きく分けて3つです。
一つ目は、心電図異常、不整脈、二つ目は先天性心疾患
(生まれつき心臓の構造に異常がある)、
三つ目は心筋症(心臓の筋肉の異常)です。
いずれも診断には、24時間心電図や心臓のエコー検査、
運動負荷心電図など精密検査が必要となります。
中には薬の内服や心臓の手術が必要となる方、
運動制限が必要となる方もいらっしゃいますので、
担当の医師とよく相談してください。
ごく少数ではありますが、運動で突然死の危険がある
病気が診断されます。適切な運動の管理や治療を行うことで、
突然死を未然に防ぐことが心臓検診の大きな目的ですので、
ご理解いただきたいと思います。
 
 
 
心臓疾患の有無や症状を正しく把握するための
学校心臓検診。不安な気持ちを解消するためにも、
最後までしっかり受けることが重要なんですね。
元木先生、5回に渡りありがとうございました。
 

2017年3月24日 14:00

12