FM 長野エコチル信州応援団

詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

12月14日(金)「親子deクラシック」


千曲市更埴文化会館・あんずホールでは来週22日に、
毎年この時期恒例のコンサート「親子deクラシック」を開催します。
今年のテーマは「冬の音楽にふれてみよう」。
小さな子供にも本格的な音楽を聴かせたいという市民の方からの声を元に、
6年前からスタートしたコンサートです。
コンサート、特にクラシックには子供連れでは
なかなか行きにくいなあと感じる方、多いですよね。
このコンサートは、赤ちゃんが泣いたりぐずったりしても
周りに気兼ねなく楽しめ、育児中でなかなかホールに
足を運ぶ機会のない親御さんにも癒しになると、毎年好評だそうです。

今年のテーマは「冬の音楽にふれてみよう」。
今回出演するのは全員女性の演奏家で、バイオリン2人、ピアノ1人、
ボーカル1人の合わせて4人です。
前半は、フィギュアスケートの浅田真央選手も演技に
使ったことのあるモンティの名曲「チャルダッシュ」や、
美しいメロディーが時代を超えて愛されている
「アヴェ・マリア」といったクラシックの名曲。
後半は会場の皆さんと舞台で一緒にクリスマスソングを
演奏する時間もあるそうですよ。

赤ちゃんからご年配の方まで、もちろんお子さん連れでなく
大人の方のみでの来場も大歓迎とのこと。
ホールで味わう生の音楽で、忙しない師走のひととき、
ほっと心を落ち着ける時間になるといいですね。
 
ご紹介した「親子deクラシック」は来週22日の午後2時から、
千曲市更埴文化会館・あんずホールで開催。
入場は無料で、千曲市民以外の方もご覧いただけます。
授乳室の用意もありますので、赤ちゃん連れの方もお気軽にどうぞ。
お問い合わせは、千曲市更埴文化会館、026-273-1880までどうぞ。

 

2018年12月14日 14:00

12月7日(金)「わくわくドキドキ ロボコン体験教室」


明日8日、千曲市屋代の「千曲市ふれあい情報館」で、
小学生を対象とした毎年恒例の催し「ロボコン体験教室」が開催されます。

「高専ロボコン」・・・ご存知の方も多いと思いますが、
「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト」というのが正式な名前。
全国の高等専門学校から地区大会を経て選びぬかれた
25チームが全国大会で競うコンテストです。
 
今年のテーマは「Bottle-Flip Cafe(ボトルフリップ・カフェ)」。
長野県からは、国立長野工業高等専門学校、長野高専から
Bチームが全国大会に出場。
高さの違うテーブルの上にペットボトルを投げて立たせるという
難易度の高い競技「ボトルフリップ」で全国の強豪校と激突しました。
 
明日の体験教室では、このスゴ技「ボトルフリップ」を
長野高専Bチームのメンバーが全国大会に出場したロボットを使って
デモンストレーション。
そして、実際に参加者がロボットを操作することもできるんです。
長野高専の先生や学生さんから直接、ロボット作りの工夫や苦労、
また楽しさなどについても聞けそうですね。
ロボットや機械、ものづくりに興味のある小学生の皆さん、
参加してみてはいかがでしょうか。
 
この「親子で体験 わくわくドキドキ ロボコン体験教室」、
開催は明日8日の朝10時~正午まで。会場は千曲市ふれあい情報館。
参加費は無料で、千曲市にお住まいの方以外ももちろんご参加いただけます。
事前の申し込みも必要ありませんので、明日直接会場にお出かけ下さい。
お問い合わせは千曲市ふれあい情報館、026-273-8000までどうぞ。

2018年12月 7日 14:00

11月30日(金)「えんぱーくクリスマス2018」


明日、塩尻市の市民交流センターえんぱーくでは、
毎年恒例の「えんぱーくクリスマス2018」が開催されます。

クリスマスにまつわる企画はもちろん、
バラエティに富んだ内容で行われるこのイベント。
まず、朝10時から始まるのが40店舗ほどが並ぶ「クリスマスマーケット」と
「一箱古本市」です。
ドイツの街なかに登場するクリスマス前の季節限定の出店が
「クリスマスマーケット」。
えんぱーくの「クリスマスマーケット」では、UVレジンアクセサリーや布小物、
ハーバリウムといった雑貨に、マフィンやシフォンケーキといった焼き菓子など、
眺めるだけでもワクワクする品物がズラリと並びます。
また、一箱古本市では、絵本や児童書はもちろん、
大人向けの本も充実していますよ。
 
さらに同じく10時から、クリスマス工作のコーナーも開催。
こちらは未就学の親子が対象で、紙を使って
ステンドグラス風のきれいな飾りを作ります。
持ち帰っておうちのクリスマスツリーに飾ってくださいね。
 
えんぱーくの館内ではその他にも、囲碁や将棋、オセロなどの
ゲームを教えてもらえるコーナーがあったり、
人形劇の上演があったりといろいろな催しが行われます。
こうしたイベントを回ってスタンプを集めると抽選会に参加できる
スタンプラリーもありますので、親子で1日ゆっくり楽しんでくださいね。
 
開催は明日の朝10時から夕方4時まで。
会場は塩尻市の市民交流センター「えんぱーく」です。
塩尻市民以外の方ももちろんご参加いただけます。
お問い合わせは塩尻市市民交流センター・交流支援課、
0263-53-3350までどうぞ。

2018年11月30日 14:00

11月23日(金)「松本市教育文化センター 宇宙関連事業講演会」


松本市教育文化センターでは毎年、宇宙への興味や夢を広げる
「宇宙関連事業講演会」を開催しています。
天体や宇宙そのものに関心のある方にむけてはもちろん、
子どもたちには将来の夢について考えるきっかけにもなるようなお話を、
毎回専門家の方にしていただく講演会となっています。
 
今年の講師は長野市出身で信州大学准教授の三澤透先生。
「わくわくすることは自分の大切なものにつながっていた」をテーマに、
先生が宇宙に興味を持った子供時代から研究者になるまで、
どのように歩んできたのかお話しいただきます。
また、「観測天文学」がご専門という三澤先生に
「影絵の技法を使った天体観測」についてもご紹介いただきます。
 
宇宙のはるか彼方にある「クエーサー」という天体。
非常に強い光を放つこの天体を、私たちもよく知っている
「影絵」の技法に似た方法で観測することによって、
星や宇宙の様々な謎に迫ることができるんだそうです。
三澤先生が取り組んでいるこうした研究についての
解説もありますので、大人の方にとっても
聞き応えのある講演になりそうですね。
 
この講演会、開催は12月1日(土)、午後1時20分から。
場所は松本市教育文化センター3F視聴覚ホールで、
入場は無料です。
松本市民以外の方ももちろんご参加いただけます。
ただし、定員は先着160名。事前の申し込みが必要となります。
お申し込みの締め切りは来週29日(木)。
お申し込みは、松本市教育文化センターのHP、
または電話0263-32-7600までどうぞ。

2018年11月23日 14:00

11月16日(金)「クリスマス音楽ワークショップ&コンサート」


佐久市子ども未来館では4月から毎月1回
「キッズワークショップデー」を開催しています。
毎回テーマを変えて、様々な分野のプロフェッショナルとともに
体験から学ぶワークショップやショーを楽しむという人気のイベントです。

次回、来月15日に開催されるのは、
「クリスマス音楽ワークショップ&コンサート」。
ピアニストの田村緑さんをお招きして、
館内のプラネタリウムを会場に、五感をフルに使って音楽を楽しむ
プログラムを3つ展開します。

まず1つ目は小学生対象の「クリスマスワークショップ」。
身の回りにある様々なモノを使って音を生み出し、
プラネタリウムの中に「音の森」を浮かび上がらせます。
満点の星空の下に出現するこの日だけの「音の森」。
どんな雰囲気になるのか、想像するだけでわくわくしますね。
 
2つ目は、ピアノが弾けるお子さん向けに、
プラネタリウムでピアノを弾いてみようというミニイベント。
プロのピアニストである田村さんとの連弾もできますよ。
こちらは4歳から中学生までが対象です。
 
そして3つ目は、田村さんによる「クリスマスコンサート」。
お馴染みのクリスマスソングなどを田村さんの演奏で聴けるのはもちろん、
音楽や朗読とともにプラネタリウムに投影した絵本を楽しむこともできる、
贅沢なコンサートです。
 
今日ご紹介した「クリスマス音楽ワークショップ&コンサート」に
参加するには事前の申し込みが必要で、今日から電話受付が始まっています。
それぞれ定員がありますので、お早めにどうぞ。
お申し込みや参加費などに関するお問い合わせは、
佐久市子ども未来館、0267-67-2001までどうぞ。

2018年11月16日 14:00

12