FM 長野エコチル信州応援団

詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

2月24日(金)「こどもの心雑音と心臓検診①」


今週から数回にわたって、子供の心雑音と学校で行われる
心臓の検診について取り上げます。
教えてくださるのは信州大学医学部助教で
小児循環器がご専門の元木倫子先生。
1回目の今回は、心臓の雑音、「心雑音」についてです。

お子さんの心臓に雑音があると言われた経験のある方も
いらっしゃると思います。
実際私の身近でもそういう例があったんですが、
この「心臓の雑音」があるかないかというのは、
家庭で知ることはできるんでしょうか。


【元木先生】
それは難しいですね。
心臓の雑音は医師による胸部の聴診によって発見されます。
風邪や健診などで医師が聴診器で胸の音を聞きますが、
これを聴診と言います。肺、気管支などの呼吸器系の異常の確認のほか、
全身的な異常の確認の目的で聴診は行われます。
このときに偶然発見されることがあります。
乳幼児の場合は、乳幼児健診で。就学期の子供の場合は、
学校で行われる心臓検診で発見されることも多くあります。
心臓の雑音は、胸の痛みや息苦しさのように自覚することはありません。
元気に走り回っているお子さんでも、『心雑音がある』と言われるのです。


 
では、普段の生活の中で親が気づくことは難しい、
お医者様に見てもらって初めてわかるということですよね。
心臓は生命の維持に最も重要な臓器の1つだけに、
心臓に異常があると聞くと心配になりますが、雑音がある場合、
すぐに治療が必要になるんでしょうか?


【元木先生】
いいえ、実はそうとは限りません。医師は聴診により雑音の質を聞き分け、
症状、発育や成長の状態、ほかの検査所見(心電図や心臓エコー検査)
などから病的な原因の有無を判断します。

 
すぐに治療の必要な雑音と、そうでない雑音があるということですね。
続きはまた来週うかがいます。
 

2017年2月24日 14:00

2月17日(金)「TSUNAGU」動画・パンフレット


ここ数年、お産のできる施設や産科医が
全国的に減ってきているというニュース、
耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
もちろん長野県内も例外ではありません。
そういった厳しい環境の中でも、なんとか安心して
お産のできる場所を守りたい。
そんな想いのもと、松本地域では行政・医療関係者が一致団結して
「松本地域 出産子育て安心ネットワーク協議会」という
組織を立ち上げ、医療機関同士の連携を図る活動を
9年前から行っています。
 
その「松本地域 出産子育て安心ネットワーク協議会」では
このほど、「TSUNAGU」というタイトルの動画
パンフレットを制作しました。
この動画とパンフレットでは長野県の産科医療を取り巻く
現状について解説するほか、産科医・助産師・看護師といった
医療従事者を初めとした14人の方々が、
それぞれのやりがいや想いを語ります。
また、産婦人科を舞台にした人気漫画「コウノドリ」の
イラストもふんだんに使われていて、わかりやすく、
親しみやすい内容となっています。
 
動画は「松本 お産安心」と検索。
パソコン、スマートフォンなどから
気軽にご覧いただけます。
またパンフレットは松本地域の保健センターや
子育て支援センターなどで入手可能です。

松本地域にお住まいの方だけでなく、
これから妊娠出産を希望するカップルや、
そういったお子さんを持つおじいちゃん・おばあちゃん世代の皆さん、
そして医療従事者を目指す学生さんなど、
多くの方にご覧いただきたい内容となっています。
どなたでも無料で見ることが出来ますので、
関心のある方はぜひアクセスしてみてください。
お問い合わせは長野県松本保健福祉事務所、0263-40-1937までどうぞ。

2017年2月17日 14:00

2月10日(金)「榎本たつお演劇ワークショップ」


子供の頃のあなたにはどんな夢がありましたか?
チャレンジしたいことや就きたい職業など、
自分の将来に思いを馳せていた方も多いと思います。
しかし現代の子供たちの中には、自由に夢を描けない、
何をしたらいいのかわからないという子もいるようです。

そんな子供たちに積極的な行動を促し、
他の人とのコミュニケーションを楽しむ中で、
夢を育むきっかけにしてほしいと、来月伊那市で
演劇のワークショップが開催されます。
講師は、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」に
レギュラー出演している俳優の榎本たつおさん。

ワークショップは年齢別に分かれています。
小学生クラスでは、大きな声を出して自分を表現し
相手に思いを伝えてみたり、ジェスチャーだけで
相手に何の動物を表現しているのか当ててもらったり、
朗読やセリフなどお芝居の入り口を体験してみたりと
ユニークなワークを行います。
また、低学年は保護者同伴となりますので、
お父さん・お母さんの褒め言葉がどんどん自信につながります。
初めての体験の中で、今まで見たことのない
お子さんの表情に出会えるかもしれませんね。
 
この演劇ワークショップ、開催は3月18日(土)~20日(月)までの3日間。
低学年は朝10時からの1時間、高学年はお昼11時半からの1時間で、
会場は伊那市生涯学習センター「いなっせ」です。
定員は各クラス20名。
小学生クラスの参加費は3日間で3000円となっています。
なお、中高生クラスと大人のクラスもあり、
それぞれ開催時間と参加費は異なります。
参加ご希望の方は、実行委員会の坂井雅子さん、
090-9813-7952までお問い合わせ下さい。

2017年2月10日 14:00

2月3日(金)「信州こどもカフェ推進フォーラム」


近年、家庭の事情で放課後を1人で過ごす子供や、
十分な食事を取ることが難しい子供が増えています。

そういった子供たちに地域の大人が手を差し伸べ、
温かなつながりの中で成長を支えたい。
そんな思いのもと、長野県では学習支援や食事の提供、
悩み相談などの機能を持つ子供の居場所
「信州こどもカフェ」を推進しています。

今年度は松本市と飯田市でモデル事業としてスタート。
温かな雰囲気の中で食事ができたり、
学習面でのサポートを受けられることで、
子供の笑顔が広がっています。

そんな「信州こどもカフェ」についての理解を深めていただき、
さらに各地域にこの活動を広げていくことを目的に、
今月20日、「信州こどもカフェ推進フォーラム」を松本市で開催します。
当日は、県内で子供の居場所作りのために活動する皆さんが
現状や課題、今後の展開について話し合うパネルディスカッション、
東京都内で子供の学習支援を行うNPO法人の方による講演、
そして、参加者が地域ごとに分かれて行うワークショップなどを予定。
地域の子供のために何かしたいという思いのある方なら、
どなたでも参加していただけます。

開催は、2月20日(月)の朝10時半から夕方4時半まで、
松本市の松本合同庁舎講堂で。入場は無料ですが、
FAXや郵送・電子メールで事前の申し込みが必要となります。
参加申し込みの締め切りは2月6日(月)。
申し込み方法など詳しいことについては
長野県・県民文化部・こども家庭課、
026-235-7095までお問い合わせ下さい。

2017年2月 3日 14:00

1月27日(金)「つくろう・広げようパパ友達の輪2017冬」


塩尻市の市民交流センター「えんぱーく」ではあさって、
子育て中のパパによる、パパのためのイベント、
その名も「つくろう・広げようパパ友達の輪2017冬」を開催します。

今年度で12回目となるこの催しは、1回目以降の
このイベントの参加者の有志、つまりパパさんの有志が
中心となって企画・運営されていて、
毎回内容を変えながら、パパ友の輪を広げています。
 
今回は2部構成。
第1部は「パパレンジャーとけん玉師がやってくる!」という
親子で楽しめる企画です。
パパさんで作るヒーロー戦隊「パパレンジャー」の賑やかなショーや、
プロのけん玉師でありご自身もパパさんである伊藤佑介さんの
けん玉パフォーマンスを見て盛り上がりましょう。
伊藤さんにけん玉を教えてもらえるワークショップもありますよ。
 
さらに、第2部は子ども抜きの時間「パパ同士でワイワイトーク」。
塩尻産のワインなどの飲み物を片手に、育児のこと、
夫婦のことをざっくばらんに語り合おうという企画です。
パパという共通点でつながれる新しい男友達が増えるかも。
塩尻産ワインの美味しさも手伝って、
パパ友の輪がどんどん広がりそうですね。
 
この「つくろう・広げようパパ友達の輪」、
開催は明後日29日(日)です。
第1部は午後1時半から3時までで対象は親子50組。参加費は無料です。
第2部は午後3時半から5時半までで、対象は子育て中のお父さん30名。
参加費は1000円です。
1部と2部、どちらかのみの参加も可能で、塩尻市民以外の方も大歓迎です。
参加に関するお問い合わせ・お申し込みは塩尻市子育て支援センター、
0263-53-3382までどうぞ。

 

2017年1月27日 14:00

12