FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  10月16日(金)「森将軍塚の樹木観察と自然素材クラフトづくり」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

10月16日(金)「森将軍塚の樹木観察と自然素材クラフトづくり」


千曲市にある長野県立歴史館では、11月29日(日)まで
秋季企画展「樹木と人の交渉史」を開催しています。

縄文人はクリが大好物だった、というのは皆さんご存知ですよね。
弥生時代から一昔前まで木を切って加工する技術はどんどん発達。
食器や農具、建築物など生活のあらゆるシーンで
木は欠かせないものとなりましたが、
プラスチックや合成樹脂が登場してからはどうでしょう。
これを機会にぬくもりのある木の道具を見直してみませんか。
 
また人は、大きな樹木や御柱のような巨大な柱、
木でできた仏像などに祈り、お願いごとをしてきました。
そうした人と樹木との関わり合いの歴史を、
出土した木製品や石器などを通して学ぶことのできる
企画展となっています。
 
そんな企画展の関連イベントとして、来週24日(土)に
中学生以下のお子さんを対象とした催し
「森将軍塚の樹木観察と自然素材クラフトづくり」が行われます。
縄文人も使っていた樹木は現代の身近な山にも生えています。
県立歴史館から森将軍塚古墳までの森の中で、
そんな樹木や木の実を実際に見ながら専門家の解説を聞いたり、
木や鹿の角など自然の素材を使ったストラップ作りなどの
クラフト体験をしたりして、縄文人の生活に思いを馳せてみませんか。
 
開催は24日(土)の朝9時から。定員は20名で、
参加費は材料費と保険代で400円。
引率される大人の方は1名まで観覧料無料です。
参加を希望される方は事前の予約が必要です。
お申し込みについて詳しくは、長野県立歴史館考古資料課、
026-274-3992までどうぞ。

2015年10月16日 14:00