FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  10月27日(金)「詳細調査について」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

10月27日(金)「詳細調査について」


先週から、番組のタイトルにもなっている
「エコチル調査」のいまについてお伝えしています。
今日は、この中で行われている「詳細調査」について
信州大学医学部教授の野見山哲生先生に
お話しいただきます。
詳細調査は全国5000組の親子が協力し、
家の中にある物質などを調べる環境測定と、
精神発達などの医学的検査を2年ごとに行うものです。
今回はその中からおうちの中にあるPM2.5と
ホルムアルデヒドについてお聴きしました。
 
****************************************************************
PM2.5は2.5マイクロメートル以下の非常に小さな粒子です。
今回の調査では屋外の濃度に比べて、
屋内の濃度のほうが少し低いという結果が出ました。
ただ、一方で一部の家庭では屋外より
高い数値が出たところもあります。
これは、屋外で工場などから環境中に排出されるPM2.5が
家に持ち込まれていることも考えられますが、
家の中でじゅうたんなどから細かい粒子が
出ている可能性もあります。

またホルムアルデヒドは目がチカチカするなど
刺激性の物質です。
シックハウス症候群などでご存知の方もいらっしゃると思います。
かつては家の建材などに含まれることから
家の中での曝露が注目されましたが、
現在は濃度は下がってきています。
今回の調査でも屋外に比べて屋内の濃度のほうが
高い傾向が出ましたが、
基準となる濃度よりは低い家庭がほとんどとなっています。
 
****************************************************************
 
この詳細調査ではこれからも継続して
環境と健康との因果関係を調べていくということです。
来週も引き続きエコチル調査で
見えてきたことについてお伝えします。

2017年10月27日 14:00