FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  10月28日(金)「エコチル調査でわかってきていること」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

10月28日(金)「エコチル調査でわかってきていること」


今回から4回に渡って、エコチル調査に関する情報をお伝えします。
エコチル調査は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中に
いるときから13歳になるまで、生活環境の中にある
様々な物質や生活習慣などと、子どもたちの成長や病気との
関係を調べる大規模な調査です。

今日はエコチル調査甲信サブユニットセンター長で、
信州大学医学部教授の野見山哲生先生に、
現在分かってきた喫煙と赤ちゃんの体重についてうかがいました。
 
***********
 
●喫煙経験のない母親から生まれた赤ちゃん(約3100g)と、
現在も喫煙している母親から生まれた赤ちゃん(約2960g)では
出生体重に平均で140g弱の差(統計学的に有意な差)が出ています。

●ただし、喫煙を妊娠前もしくは妊娠の早期でやめれば
子どもの出生体重にはほとんど影響がないことが分かりました。
従って、妊娠を希望している女性は禁煙をしていただくことを
強くお勧めします。
 
***********
来週はアレルギー疾患に関しての情報をお届けします。

2016年10月28日 14:00