FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  1月22日(金)「へのへのもへじのおともだち」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)
エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

1月22日(金)「へのへのもへじのおともだち」


皆さんご存知の「へのへのもへじ」。
このひらがな7文字を使って人の顔を表現するという
日本古来の文字遊びですよね。
今日ご紹介するのは、この「へのへのもへじ」から
楽しい言葉遊びがどんどん生まれるお話。
安曇野市在住の児童文学作家・宮下すずかさんが書いた
小学校低学年向けの本「へのへのもへじのおともだち」です。
 
ある日「つたえあいましょうがっこう」の1年生3人組は公園で、
怖い顔でにらみつける「へのへのもへじ」の看板に出会います。
もっと優しい顔だったらいいのに、とひとりの子が
口の部分の「への字」を、ひらがなの「この字」にチェンジして
「へのへのもこじ」と書いてみると…
笑っているような表情にぱっと変化しました。
それをきっかけに、「もっとにこにこさせてみよう」
「かわいくしてみよう」と、子どもたちは
様々なひらがな7文字を使ってどんどんユニークな顔を
生み出していきます。
他のお友達も次々に参加して、カタカナで書いてみたり、
漢字を使ってみたり。
7文字のリズミカルな言葉と個性あふれる表情の
「へのへのもへじのおともだち」がたくさん登場するのを見ているうちに、
なんだか自分でも新しい作品を考えてみたくなりますよ。
 
宮下すずかさんと画家の市居みかさんがタッグを組んだ
「つたえあいましょうがっこう」シリーズは今回で5作目。
国語を勉強し始めた子供たちが授業でつまずきやすい単元が、
楽しい物語で読めるように構成されています。
文字や言葉の面白さを感じられるシリーズとなっていますので、
本屋さんでお手に取ってみてください。
 
今日ご紹介した「へのへのもへじのおともだち」は
くもん出版から現在発売中です。

IMG_2225.jpg
 

2021年1月22日 14:00