FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  2月28日(金)「絵本『ピーターとオオカミ』」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

2月28日(金)「絵本『ピーターとオオカミ』」


ookami.jpg
 
毎年夏に松本市で開催されている「セイジ・オザワ松本フェスティバル」。
世界中から優れた音楽家たちが集結し、
多彩な演目が披露される人気の催しです。

昨年、このオーケストラコンサートで話題を呼んだのが、
ロシアの作曲家・プロコフィエフによる子供のための音楽作品
「ピーターと狼」でした。
勇敢な少年ピーターが森から現れた狼を捕まえるというストーリーで、
登場する動物や人物を異なる楽器で表現し、
観客は語りと演奏を同時に聴くスタイルで鑑賞します。

「セイジ・オザワ松本フェスティバル」では、
サイトウキネン・オーケストラの演奏に合わせて
俳優・ムロツヨシさんがストーリーを語り、
さらにステージ後方の巨大スクリーンには人気の絵本作家 
降矢なな(ふりや・なな)さんによる40枚以上の絵が映し出されました。
会場だけで味わえるとても贅沢な「聴く絵本」だったわけですが、
来月この絵をもとにした絵本が出版されます。
 
 
動物や風景を繊細に、コミカルに、
時に躍動感たっぷりに描く降矢さんの絵。
狼の顔を真正面から捉えた絵はドキッとする
心臓の鼓動が感じられるほどのリアルさがありますし、
狼から逃げ出す小鳥たちの姿は翼の音まで聴こえてきそう。
まさに音楽が聴こえてくるかのようなんです。

もちろん絵本のみでも楽しめますが、絵本の見返しの部分には、
登場人物それぞれをどの楽器で表現しているか
イラストで紹介されていますので、
曲を聴きながら読んでいただくと、
より想像の世界が広がるかもしれません。
 
今日ご紹介した絵本「ピーターとオオカミ」は、
偕成社から3月4日発売予定です。
4歳くらいのお子さんから読んでいただけますので、
本屋さんでお手にとってみてください。


「ピーターとオオカミ」
作:セルゲイ・プロコフィエフ
絵:降矢なな
絵:ペテル・ウフナール
文:森安 淳
価格:1500円+税
出版社:偕成社
 

2020年2月28日 14:00