FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  2月5日(金)「小児喘息①」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

2月5日(金)「小児喘息①」


今週・来週は信州大学医学部 小児医学教室 講師の小林法元先生に
「小児喘息」についてうかがいます。

小・中・高校生のうちおよそ6%の子供が小児喘息の
既往があるとされていて、喘息はとてもポピュラーな病気の1つです。

今日は喘息とはどんな病気なのか、そして診断方法についてうかがいました。

◆喘息とはどのような病気ですか?
肺へ空気を取り込む通り道の気管支が、アレルギー反応により炎症を起こし
狭くなります。
症状は、咳き込みや、悪化すると息がしにくくなります。
耳を胸に当てると息を吐く時にヒューヒューという音が聞こえることがあります。

◆原因は何ですか?
家族にアレルギーのある方のほうが発症しやすいので、
体質的・遺伝的な原因が指摘されています。
ただしそれだけではなく、感染症の罹患や環境要因などが複合して
発症するとされています。

◆診断はどのようにしますか?
小さいお子さんは、感染による気管支炎など他の病気と区別するのが
難しいことがあります。
ゼーゼーを伴う咳き込みのエピソードを3回以上繰り返す場合は
喘息を疑います。
アトピー性皮膚炎を持っていたり、ご家族がアレルギーの既往があったりすれば
喘息の可能性が高くなります。

2016年2月 5日 14:00