FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  3月24日(金)「こどもの心雑音と心臓検診⑤」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

3月24日(金)「こどもの心雑音と心臓検診⑤」


先月から子供の心雑音と学校で行われる
心臓の検診について取り上げてきました。
教えてくださるのは信州大学医学部助教で
小児循環器がご専門の元木倫子先生。
最後5回目の今回は、学校心臓健診で、
さらなる検査が必要になる「二次検診」についてです。



【元木先生】
二次検診には例年1〜2%程度の人が呼び出されますので、
だいたい40人のクラスだと1人弱の呼び出しが
ある計算になります。その中で最終的に心臓に
問題があると診断される子どもさんは3割程度です。
ただ、そのほとんどは軽症で、運動制限が必要になるのは
ほんの一部です。ただ、ごく少数ではありますが、
運動で突然死の危険がある病気が診断されます。
適切な運動の管理や治療を行うことで、
突然死を未然に防ぐことが心臓検診の大きな目的です。

二次検診に呼び出しになると、ご両親がとても心配されて
受診される場合があります。
一方、症状もなく元気なので二次健診に来られない方も
いらっしゃいます。二次検診の多くの子どもさんは
異常なしと診断されますが、ほんの一部のお子さんですが、
運動で突然死を起こす危険がある病気が見つかります。
念のための検査とご理解ください。

ちなみに、学校心臓検診で新たに診断される
大事な病気は大きく分けて3つです。
一つ目は、心電図異常、不整脈、二つ目は先天性心疾患
(生まれつき心臓の構造に異常がある)、
三つ目は心筋症(心臓の筋肉の異常)です。
いずれも診断には、24時間心電図や心臓のエコー検査、
運動負荷心電図など精密検査が必要となります。
中には薬の内服や心臓の手術が必要となる方、
運動制限が必要となる方もいらっしゃいますので、
担当の医師とよく相談してください。
ごく少数ではありますが、運動で突然死の危険がある
病気が診断されます。適切な運動の管理や治療を行うことで、
突然死を未然に防ぐことが心臓検診の大きな目的ですので、
ご理解いただきたいと思います。
 
 
 
心臓疾患の有無や症状を正しく把握するための
学校心臓検診。不安な気持ちを解消するためにも、
最後までしっかり受けることが重要なんですね。
元木先生、5回に渡りありがとうございました。
 

2017年3月24日 14:00