FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  4月15日(金) 「ピーター・パン 2つの物語」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

4月15日(金) 「ピーター・パン 2つの物語」


ディズニー制作の長編アニメーションのキャラクターとして
人気のピーター・パンですが、もともとは
イギリスの劇作家、バリーが書いた童話劇の主人公です。
1904年に初演され、
1911年には「ピーターとウェンディ」として出版されました。
永遠に大人にならない少年ピーター・パンが
人間の少女ウェンディらと一緒に、
海賊のフック船長と戦うといった冒険のストーリーがおなじみですよね。

でも実はピーター・パンにはもう1つの物語があるんです。
それが小説「ケンジントン公園のピーター・パン」。
このお話でのピーター・パンは妖精の世界で暮らし、
姿はずっと赤ちゃんのまま。ウェンディもフック船長も登場しません。
この物語についてはご存じない方も多いのではないでしょうか。
そんなピーター・パンを主人公とした
この2つの物語にスポットを当てた企画展が、
現在軽井沢絵本の森美術館で開催されています。
 
メインの展示室は中央にパーテーションが置かれ、
物語別に資料を展示。
2つの物語の中でイラストとして描かれたピーター・パンたちを、
貴重な古書や原画、ポスターなどで比べながら紹介しています。
また、絵本の森の敷地内に隠れたピーター・パンの
影を探そうという企画もありますよ。
ピーター・パンの影が持っているアルファベットを集めて、
キーワードを見つけると記念品のプレゼントがあります。
ぜひチャレンジしてみてください。
 
幅広い世代に愛されるピーター・パンですが、
あまり知られていない魅力はまだまだありそうです。
この機会にぜひその世界に触れてみてください。
 
企画展「ピーター・パンの世界 2つの物語」
開催は前期が6月27日まで。
後期は6月29日から10月10日までです。
お問い合わせは軽井沢絵本の森美術館、0267-48-3340までどうぞ。

2016年4月15日 14:00