FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  5月13日(金)「朴葉巻き講習会」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

5月13日(金)「朴葉巻き講習会」


木曽地域の名物の1つ、「朴葉巻き」。
米粉を練って作った生地の中に小豆餡を入れ、
それをさらに朴の木の葉っぱで包んで蒸しあげます。
硬すぎず軟らか過ぎない、ちょうど良い朴葉が手に入る
初夏の時期限定の和菓子で、
朴葉の殺菌効果を生かして昔から保存食として、
さらに農繁期のおやつとしても親しまれてきた一品です。
また朴葉巻きは月遅れの端午の節句のお祝い菓子でもあるとか。
木曽地域の家庭では、朴葉がとれる時期を迎えると、
たくさん作って遠くはなれた家族や親戚に
送ることも多いんだそうです。
まさに季節を感じるふるさとの味なんですね。

この朴葉巻きの作り方を学ぶことのできる講習会が、
木曽郡木曽町の「ふるさと体験館きそふくしま」で
毎年行われています。
講習会はこの時期恒例の催しで、始まってからもう10年以上。
地元だけでなく、伊那や松本など周辺地域から
訪れる人も多いそうです。
あなたも朴葉独特の良い香りと、
昔ながらの木曽の初夏の味を楽しんでみませんか?
 
この朴葉巻き講習会、開催は
6月11日(土)~14日(火)までの4日間。
参加費は3500円で、25個程度の朴葉巻きを作ります。
持ち物はエプロンと三角巾、そして朴葉巻きを持ち帰る入れ物。
定員は各回15名で、開催日の2日前までの
事前申し込みが必要です。
お子さんは、小学生以上であれば親御さんの手を借りて
チャレンジできるそうなので、ぜひ親子で参加してみてください。
 
なお、この講習会の期間以外でも
6月中旬から7月下旬頃まで朴葉巻き体験が可能です。
お問い合わせ・お申し込みは、ふるさと体験館きそふくしま、
0264-27-1011までどうぞ。

2016年5月13日 14:00