FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  8月11日(金)「子どもの身長②」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

8月11日(金)「子どもの身長②」


今月は4回に渡って、子供の身長について信州大学医学部
小児医学教室の柴崎拓実先生に伺っています。
今回は「低身長の原因について その1」です。
 

低身長と聞くと成長ホルモンが出ていないのではないか、
と思う方が多いと思いますが、
成長ホルモン分泌不全による低身長症は
かなり稀な病気であり1万人あたり1~2人程しかいません。
一番多いのは特発性や家族性低身長といった
遺伝が原因の低身長です。
最近増えている早産低出生体重児で
成長が追い付かない場合、赤ちゃんの時期に
ミルクの量が少なかったり、離乳食の進みが悪かったりして
発育が悪くなり、そのまま成長が
追い付かない場合も多いと考えられます。
 
病気が原因のものとしては、脳腫瘍が大事です。
下垂体と呼ばれる成長ホルモンなど
多数のホルモンを分泌する脳の一部にできものがある場合、
ホルモンの分泌が悪くなり低身長になります。
症状は低身長だけではなく、頭痛や吐き気、痙攣、
視野が狭くなるなどいろいろな症状が
でてくることがあります。
 

2017年8月11日 14:00