FM長野 エコチル信州応援団

FM長野 エコチル信州応援団  »  8月4日(金)「子どもの身長①」


詳しくは下記コールセンターへお問い合わせください。

「エコチル調査」に関しては、
コールセンター フリーダイヤル
 0120-53-5252
  (9:00~17:00年中無休)

「エコチル信州」に関しては、
 0263-37-3180
  (9:00~17:00
     月~金曜日、祝日を除く)

積水ハウス松本支店 エコチル信州ホームページ FM長野トップページ 協力医療機関の拡大について メッセージはこちらから
◆◆◆ 更新情報 ◆◆◆

8月4日(金)「子どもの身長①」


今週から4回に渡って、「子どもの身長」について
信州大学医学部・小児医学教室の柴崎拓実先生に伺います。
今回はこどもの成長と、低身長・高身長についてです。
 

1. こどもの成長について
赤ちゃんはおよそ50cmで生まれてきます。
その後1歳で75cm、3歳で90cmと徐々に成長はゆっくりとなり、
しばらくは1年間で6cmから7cm伸びていきます。
やがて思春期と呼ばれる時期を迎えると、
年間10cmほど伸びることもあります。
思春期には男の子で30cm、女の子で25cmほど伸び、
最終的に男性が約171cm、女性で約158cmとなります。
 
2. 低身長、高身長とは
特に病気を持たない健康なお子さんを100人集めると、
中には背の高い子も低い子も平均的な子もいます。
その中で大体前から2、3番目までのお子さんが
医学的な低身長、後ろから2、3番目までのお子さんが
高身長と言われます。
母子手帳や学校の成長の記録についている成長曲線を見て、
枠から外れている場合は低身長や高身長と判断されます。
 

2017年8月 4日 14:00