ランチタイム@信州

FM長野 ランチタイム@信州  »  ごちそうさまでした♪ vol.27

      
FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

ごちそうさまでした♪ vol.27


10月に入って、山々も少しずつ色づいてきました
この季節はいつも以上に山を眺めることが多くなりますね
 
山国・信州
その森林率はおよそ8割!
森林の広さは北海道・岩手に次いで全国3位なんですよ!
 
あまりにも身近な森林。
皆さんは信州産の木材を使うことってありますか?
「木材」とまでいかなくても、木登りをしたり、工作をしたり、
木と触れ合った思い出ってきっとたくさんありますよね。
 
今週の信州ナビゲーションは、これからを担う子供たちに伝えたい!
  「木のある暮らしの大切さ」  についてお伝えしました。
 
 
お話をしてくださったのは
県庁 県産材利用推進室の井出政次さん
IMGP0998.jpg
林業の専門職として県職員になった井出さん。
職場の机も、井出さんの胸元の名札も、信州カラマツ製!
毎日、木に触れて、木の良さを味わっているそう
 
 
森林の役割 は…
  空気や水をきれいにする
  土砂災害を防ぐ
  地球温暖化防止     などが挙げられます。
 
中でも 「地球温暖化防止」 は、今、注目のエコ機能で
重さの半分が炭素である木が、成長の段階で光合成により二酸化炭素を吸収!
その結果、二酸化炭素を減らす役目 を果たしているんです
 
そんな「木の良さ」「森林の役割」を、小さいうちから分かってもらうため、
県では子どもたちを対象に 「木育」 を行っています。
 
実は最近の子どもたちは、実際に木に触れる機会が少なくなっています。
そんな今どきの子どもたちに、木の良さや森林の役割について学んでもらうのが「木育」。
木工教室や薪割り体験、里山の遊び方教室などを通じて
もっともっと木に触れてもらうのが狙い
 
 
そして、家庭でも県産木材を使ってもらうために、
県では様々な支援を行っています。
 
県産木材を使った住宅には「ふるさと信州・環(わ)の住まい」制度
間伐材から作った木質ペレットを燃料とする「ペレットストーブの導入支援」、
そして、全国一斉にスタートしたのが、「木材利用ポイント」事業
 
その地域の木材を使って、住宅の新築や内装・外装工事、
ペレットストーブなどの木材製品を買うと、ポイントがもらえ、
地域の農産物などと交換できるんです
 
住宅の新築で30万ポイント、
内装・外装に木材を使っても30万ポイントがもらえ、
1ポイント=1円で交換できます!
 
長野県産木材を使うことで、長野県産の農産物がもらえる!
林業と農業がお互いにとってもいい関係を築けて
一石二鳥以上のとってもお得な制度ですね♪
 
詳しくはこちらへ ↓ ↓ ↓
 
ふるさと信州・環の住まい
 
木質バイオマスストーブ
 
木材利用ポイント事業
 
 
今週はメッセージテーマも「木にまつわる話」ということで
リスナーの皆さんの「木」の思い出や思いを教えていただきましたが、
木そのものだけでなく、木についてのお話温かみ のあるものでした
とこちゃんが「長野に来てよかった~」と言っていたけれど、
長野生まれの私は「長野に生まれてよかった~」って思いました
 
すず姉 

2013年10月 4日 16:47