ランチタイム@信州

FM長野 ランチタイム@信州  »  ごちそうさまでした♪ vol.39 被災地便り

      
FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

ごちそうさまでした♪ vol.39 被災地便り


早いもので今年最後の放送となりました。
年の瀬・・・
日に日に厳しくなる寒さが身に染みますね・・・
 
2013年最後の信州ナビゲーション
3度目の冬  を迎えた東日本大震災の被災地、
岩手県宮古市から 被災地便り をお届けしました
 
被災地には復旧・復興のために全国各地から多くの公務員が派遣されています。
長野県からも岩手県に18人、福島県に2人の合わせて20人が派遣され
復旧支援を行っています。
今回は 岩手県宮古市の宮古土木センター に派遣されている長野県職員の
福沢義之さん に電話インタビューさせていただきました
 
 
岩手土木センターには長野県から12人が派遣。
福沢さんは復興まちづくり課の災害復旧チームに所属し、
津波で壊れた防潮堤の災害復旧工事を担当なさっています。
P7147687.jpg
 
↑↑↑ こちらの写真は、7月に派遣職員の皆さんで、
カッター船と呼ばれる14人乗りのボートレースに参加した時のもの。
右端が福沢さんです。
「復興戦隊派遣ジャー」参上
 
 
福沢さんのお話では、宮古市内はほぼ復旧されているそうですが、
防潮堤はこれから発注される段階で、まだまだ 復旧はこれから なんだそうです。
また、高台に住宅を再建するための造成工事も始まってはいますが、
現在でも公園や学校の校庭に2000戸の仮設住宅が並び、
不自由な生活を送っている方が多くいらっしゃるそうです。
 
これからますます寒くなり、仮設住宅ではより寒さが身に染みますね・・・
そこで、福沢さんに、長野県にいる私たちが出来る復興支援 について伺いました。
 
まずは
  「被災地の特産品を買うこと」
 
岩手県の三陸沿岸は言わずと知れた海産物の産地!
我が家もワカメはいつも三陸のワカメをいただいていますが、
その他にも、初夏のウニ、秋のサンマ、初冬のサケ・アワビ、冬のタラ・毛ガニなど、
挙げればきりがありません!!
岩手の沿岸でとれた海産物を買うことが、身近な復興支援につながるんですね
 
 
そして、
  「被災地を訪れること」
 
今年、一大ブームを巻き起こした NHKの朝ドラ「あまちゃん」 の舞台、
岩手県久慈市をはじめ、三陸沿岸は「海のアルプス」と呼ばれる断崖や、
入り組んだ地形が優美なリアス式海岸が続き、観光名所がいっぱい!
寒いこの時期は観光客も少なくなってくるそうですが、
この時期は特に晴天が多く海がキレイ!
復興支援と観光を兼ねて、是非訪れてみてください
 
特に福沢さんのお勧めなのが国の名勝にも指定されている「浄土ヶ浜」
さっぱ船という小船で島を巡り、運が良ければ「青の洞窟」にも入れるそうです。
さっぱ船は冬の間はお休みなので、ぜひ、今度の春に!!
 
浄土ヶ浜や青の洞窟の美しい写真を見てみたい!という方は、
岩手県宮古市のHPをチェック
http://www.city.miyako.iwate.jp/
 
 
東北の特産品を買う、ということは信州にいながら気軽にできる復興支援なので、
この お正月 は、ぜひ岩手の、そして東北の旬の味を味わってくださいね
 
 
すず姉

2013年12月27日 16:56