ランチタイム@信州

FM長野 ランチタイム@信州  »  ごちそうさまでした♪ vol.42 子どものネット利用

      
FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

ごちそうさまでした♪ vol.42 子どものネット利用


今や毎日の生活に インターネット   は欠かせないもの。
それは大人だけでなく 子どもの世界  でも同じのようです。
 
この時期はお年玉やクリスマスプレゼントなどで
携帯電話やゲーム機などを手にした子どもたちが多くなる、ということで、
今週の 信州ナビゲーション では
  子どもたちのインターネット利用  についてお伝えしました。
 
スタジオゲストはこちらのお二人
IMGP2236.jpg
一般社団法人セーフティネット総合研究所の南澤信之さん(左)と
県庁 次世代サポート課の北澤潔さん(右)
 
 
次世代サポート課の北澤さんのお話によると、
長野県内の小学校6年生の携帯電話・スマートフォンの所持率
平成24年度が25.4パーセント、
そして平成25年度は36.2パーセントに増えています。
わずか1年で「4人に1人」が 「3人に1人」 にまで増えているんです!
 
携帯・スマホ所持率が上がるにつれて、子どもたちがネット犯罪に巻き込まれるケースも
増えているそうです。
特に 性犯罪被害 が多く、子どもが被害を受けた性犯罪検挙人数は
平成15年は38人だったのが、平成24年は76人!
こちらは 約10年で2倍 と急増しています
 
 
しかも、携帯・スマホだけが原因ではないんです。
ネットができるパソコンはもちろんのこと、意外な盲点 となっているのが
携帯型ゲーム機やポータブル音楽プレーヤー
この点については、子どもたちのネットトラブルを研究したり、
相談に応じている、セーフティネット総合研究所の南澤さんに伺いました。
 
携帯型ゲーム機やポータブル音楽プレーヤーをお子さんが使っている時、
お父さんお母さんは「楽しくゲームをしている」 「音楽を聴いている」と思いますよね?
実は無線LANやWi-Fiで簡単にインターネットに接続できてしまっているんです
そして、SNSを通じて見知らぬ誰かとつながり性被害を受けてしまう、とか、
安易な書き込みからネットいじめに発展してしまう、といったケースが
ここ1年で2倍に増えているのだそうです。
 
さらに、こういった子どもたちのネットトラブルは増えていることだけでなく
低年齢化しているのも大きな問題だと南澤さんはおっしゃいます。
これまで中高生が中心だったのが、今年は小学生の被害が急増中!
被害者の8割を小中学生が占めているそうです。
そして、そのほとんどがゲーム機と音楽プレーヤーが原因 なんだそうです。
 
Wi-Fiを使うと携帯電話のようなフィルタリング機能が効かないのですが、
ゲーム機には保護者の管理下で使うことができる
ペアレントコントロールという機能があります。
ただ子どもにゲーム機をプレゼントするだけでなく、
必ずペアレントコントロールを設定してから渡してほしいと
南澤さんは強調していました。
 
「子どもたちが何を使っているのか、誰とつながっているのか」
お父さんお母さんが把握して、子どもたちを取り巻く環境を理解する必要がありますね。
 
 
また、携帯・スマホの利用についてルールを決めているご家庭は多いと思いますが
携帯型ゲーム機や音楽プレーヤーについては約束事をしていないご家庭が
多いかと思います。
ぜひ、いろんな可能性を考えて、親子で話し合ってくださいね
 
そして、県では保護者の皆さんに子どものネット利用についての最新情報
対応策をお伝えするために、 「セイフネット講座」 を開いています。
ゲストの南澤さんが講師を務めるこの講座、
ネットを通じた性被害が増加しているとことから、
保護者の皆さんの関心も高く、ここ一年で倍以上の講座数・受講人数となっています。
 
「セイフネット講座」 に興味をお持ちの方は、
 
        長野県青少年育成県民会議
  026-235-7207  までお問い合わせください。
 
 
すず姉

2014年1月17日 18:21