ランチタイム@信州

FM長野 ランチタイム@信州  »  ごちそうさまでした♪ vol.45 特殊詐欺に警戒!

      
FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

ごちそうさまでした♪ vol.45 特殊詐欺に警戒!


オレオレ詐欺に架空請求詐欺…
なくなるどころか増え続けているのが 特殊詐欺
平成25年中は、その被害額が全国で486億円余りと 過去最悪 を更新
深刻な事態となっています。
 
そこで今回の 信州ナビゲーション は、
新しい手口が次々に生まれ、巧妙化している    特殊詐欺の現状と防止策  について
長野県警 生活安全企画課 警部補の落合美華さん に伺いました。
IMGP2312.jpg
 
残念ながら長野県内の特殊詐欺被害も激増しているんです。
件数は、88件(H24年)→195件(H25年)とこの1年で倍以上!
特に オレオレ詐欺 は9件(H24年)→63件(H25年)と7倍に激増
そして 被害額は10億円 と過去最悪を更新しています。
 
特殊詐欺と言っても種類も様々。
たとえば…
 
  「オレオレ詐欺」 
   子や孫を装ったり、会社の上司や警察などをかたって、会社のトラブルの解決金や
   不倫問題の示談金などの名目でお金をだまし取る。
 
  「もうかります詐欺」
   株式や社債、外国通貨などを「必ずもうかる」とか「高く買い取るから名義だけ貸して」と
   勧誘して、購入を持ちかける。
 
  「架空請求詐欺」
   メールなどで身に覚えのない請求を送りつけてお金をだまし取る。
 
  「受取型詐欺」
   公務員などをかたり、現金やキャッシュカードを預かると言ってお金をだまし取る。
 
どれもこれも、家族を心配する気持ちや、自分の財産を守りたい気持ちに付け込んだ
卑劣な犯行です
最近の被害事例は長野県警のホームページ内
「あなたの街の特殊詐欺」に掲載されていますので、ぜひ一読を!!
 
 
被害事例を読んで気づくのは、被害者の多くが高齢者であるということ。
実際、昨年の県内の 被害者の約83パーセントが60代以上 の方でした。
特に一人暮らしのお年寄りや、高齢者だけの世帯は特殊詐欺についての情報が
なかなか伝わらず、被害が絶えません。
ご家族やご近所さん、民生委員さんなどの 見守り が重要になってきます。
 
 
 
そして、怪しい電話がかかってきたとき、本人かどうかを確かめるために
あらかじめ 合言葉 や、家族にしかわからない質問&答え を決めておくことが
被害防止のためには有効です。
少し前に見た新聞で、息子をかたる電話にお母さんが
「ウチの息子ならプリキュア37人を言えるはずだ!」といって撃退したという記事が
載っていました(笑)
これだけは家族にしかわからない!という合言葉、ぜひ家族で考えてみてください。
 
 こんなにも「電話に気を付けて!」と繰り返すにはワケがあります。
それは、逮捕された特殊詐欺の犯人の この言葉
 
    「電話で話ができれば、もらったようなもの。だます自信がある。」
 
だからこそ、犯人からの電話を受けないこと が、被害を防ぐために最も有効です!
長野県警察では、犯人からの電話を受けない対策として・・・
 
 留守番電話機能の活用
   犯人は声を録音されるのを嫌がります。
   在宅していても留守番電話に設定し、家族や知人なら出るとか、
   あとからかけなおすなどの対策を取りましょう。
 
 ナンバーディスプレイ機能の活用
   番号非通知の電話を着信拒否したり、知らない番号には出ないようにしましょう。
   ※ナンバーディスプレイサービスは有料です。
     対応電話機や申し込みなどについては、各通信事業者へお問い合わせを!
 
 
だまされた人は皆、 「まさか自分が… と思うようです。
被害に遭ってしまう危険性は、誰にもあります。
まずは特殊詐欺被害の情報に敏感になり、身の回りにも注意深く目を向け、
みんなで一致団結して防いでいきたいですね
 
すず姉

2014年2月17日 16:34