ランチタイム@信州

FM長野 ランチタイム@信州  »  とことこにっき25日目 栄村 絵手紙体験

      
FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

とことこにっき25日目 栄村 絵手紙体験


9月になりました・・・!
全国各地で不安定なお天気が続いていますが
長野県は気温がぐっと下がりましたね
 
今月のながの古今東西~西野智子のとことこさんぽ~
やってみよう!ぐる信さんぽということで
長野県のキャンペーンぐるっと信州体験博の体験プログラムをご紹介します
 
ぐるっと信州体験博は、信州の魅力を五感で体験できるプログラムを提案していて
健康長寿・スポーツ
まち歩き
ものづくり
文化・芸術
味覚体験の5つのジャンルに分かれています!
 
今週は「文化・芸術」の絵手紙体験をレポート
新潟県との県境、下水内郡栄村に行ってきました
P1100256.jpg
先週行った下伊那郡平谷村からは、車で移動するとなんと260km!
信州の広さを、日々実感しています。
 
 
さて、栄村は絵手紙の村ということをご存知でしたか?
実はある展覧会をきっかけに、栄村に絵手紙が広まったのです。
 
かつて小学校の入学式から6年間
毎日絵手紙を書き続けた山路智恵さんという女の子がいました。
その山路さんの絵手紙展が東京で開かれたとき、彼女の作品を見た栄村の方が
「この感動を村の人にも味わって欲しい」と思うほど、感激したそうです。
そこで実行委員会を立ち上げ、1995年に栄村で山路さんの絵手紙展が実現!
人口2,500人の村に村内外から12,000人が集まり、絵手紙展は大好評でした。
 
それがきっかけで、村内には絵手紙の愛好家が増え
全国、そして海外から募集した絵手紙の展覧会も開かれるようになりました。
2007年には山路智恵さんの絵手紙美術館と
今回お邪魔した栄村国際絵手紙タイムカプセル館が建てられたのです
P1100247.jpg 
 
P1100254.jpg P1100255.jpg
 
お話を伺った、栄村国際絵手紙タイムカプセル館の齋藤大輔さん
P1100218.jpg
 
この絵手紙タイムカプセル館には
一般の方から募集した絵手紙およそ100万通が保存されています
展示されている作品を見ると
どれも柔らかいタッチで、線の太さや色彩にそれぞれ味がありました。
絵があることで、添えられている言葉もより温かく感じられますし
手書きだからこそ、描いた人の想いが強く伝わってきます
 
”絵手紙の村”というだけあって、駅前にも絵手紙が飾られていて
村内のお年寄りを元気づけるために絵手紙を送る、愛好家のグループもあるそうです。
 
齋藤さんは、タイムカプセル館に届く絵手紙にお返事を書いていますが
”野球ボールの絵が得意”とのこと
齋藤さんは小学生の頃からずっと野球を続けていて
現在はご自身が所属していた少年野球チームのコーチを務めています。
やはり絵手紙は心を繋ぐものなので
“心のキャッチボールができた”という意味でボールを描いているそうです
野球ボールが描いてあれば、齋藤さんからの絵手紙ということがすぐにわかりますね!
 
 
ところで、8月30日から昨日までは防災週間
最近は大雨や竜巻が発生し、自然災害について見聞きすることも多いと思います。
絵手紙の温かさを全国各地に発信していた栄村は
一昨年の長野県北部地震で大きな被害を受けました。
そんな中、村には2万通、タイムカプセル館にも2,000激励の絵手紙
日本中から届けられたそうです。
ご自身も被災している中、東北の方が“七転び八起きですよ”と
だるまの絵を贈って下さったことが、齋藤さんの心の励みになりました。
 
そんな心と心の架け橋になる絵手紙を、このタイムカプセル館で体験できます
私も講師の方に絵手紙のコツを教わりながら、アルクマを描いてみました・・・!
P1100222.jpg P1100221.jpg
 
P1100228.jpg P1100238.jpg
 
こちらは、講師の島田雄介さん
P1100242.jpg
絵手紙は「下手でいい下手がいい」という気持ちで
絵心は関係なくどなたでも楽しめるのが特徴。
下書きをしないでその時の気持ちを表現するだけで
どの絵手紙も世界にたった1つの、味のある作品に仕上がります
私もキレイに仕上げようと思わずに描けたので
今の気持ちを素直に筆に込めることができました!
「もし絵具をこぼしてしまっても、その時の緊張感が伝わるから
絵手紙に失敗はないんですよ」という、島田さんのお言葉が印象的でした
P1100245.jpg P1100244.jpg
 
すず姉には「とこちゃんの絵心、独特だから心配・・・」と言われていたのですが
無事、初めて描いた絵手紙が完成品しましたよ
img005.jpg 
 
いかがですか?!
ちょっと間違えて余計な線が残っていますが
”絵手紙に失敗はない”
”下手でいい、下手がいい”ですから、笑って許してください
 
久しぶりに筆を握って楽しく絵手紙体験を終えましたが
ただ描いて終わり・・・ではありません!
ここは絵手紙タイムカプセル館なので
自分の作品を未来に届けることができるんです
未来ゆうびんを使って、大切な人の誕生日や10年後の自分への贈り物にするなど
送る相手、送る時期は自由です。
私も、今の気持ちを7年後の自分へ伝えようと
この絵手紙を未来ゆうびんに託してきました・・・!!
これが届く頃には私も30歳・・・
どこで何をしていてどんな気持ちで受け取るのか、とても楽しみです
 
 
絵手紙は人の心と心を繋げるもの。
 
絵手紙体験を通して、震災を乗り越えて元気を取り戻しつつある栄村の様子や
絵手紙の温かさに触れていただけたらと思います

 
絵手紙体験 ※要予約
入館料と合わせて大人1,000円 高校生以下450
栄村国際絵手紙タイムカプセル館 ☎0269-87-1920
 
 
 

 

 リスナープレゼント
 
今回は、私が描いた絵手紙を限定1名様にプレゼントします
どんな絵手紙が届くかは、当選した方へのお楽しみ。(笑)
拙い作品ですが、私の絵手紙を見て
自分も描いてみたい!と思っていただけたら嬉しいです
 
プレゼントご希望の方は
本名・ラジオネーム・郵便番号・住所を明記して
メールまたは番組ブログのメッセージフォームからご応募ください
 
メールの宛先は lunchtime@fmnagano.co.jp
応募締切は9月11日(水)です
 
 
 
今月ご紹介していく「ぐる信」ことぐるっと信州体験博
スタンプラリーになっています
 
対象になっている県内各地の体験プログラムやツアー
美術館、博物館などを巡るとスタンプがもらえます!
 
スタンプを2つ集めると、も れ な く
ぐる信限定アルクマピンバッジがもらえるんです
詳しい情報は、ぐる信のホームページをご覧ください!
 
 
 
さとこ

2013年9月 6日 17:33