ランチタイム@信州

FM長野 ランチタイム@信州  »  とことこにっき32日目 塩尻市 信州ひすいそば

      
FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

とことこにっき32日目 塩尻市 信州ひすいそば


ランチタイム@信州今週のメッセージテーマは
大好き信州そばということで
リスナーの皆さんが好きなお蕎麦や
お蕎麦にまつわる思い出など、たくさんのメッセージをお寄せいただきました!
いよいよ新そばの季節がやってきましたね
 
ということで、今週のながの古今東西~西野智子のとことこさんぽ~
そば切り発祥の地 塩尻市からレポートしました
 
 
先週18日、信州で新しいお蕎麦がデビューしたのをご存知ですか?
その名も「信州ひすいそば」
 
これは、長野県が10年の歳月をかけて開発した品種
「長野S8号」を原料とするお蕎麦です。
「長野S8号」は、実のそば殻を取り除いた丸抜きが濃い緑色で
製粉してお蕎麦を打つと、きれいな緑の麺に仕上がります!
 
「信州ひすいそば」という名称は
おいしい信州ふーど(風土)大使の玉村豊男さんが命名したもので
 
“信州の山々から流れ出る清らかな水。
その水の瀬が光を浴びて輝く美しいひすい色を思い浮かべて、
この緑を湛えた新しい信州そばの名前としました。” (長野県ホームページより)
ということです。
信州らしい、素敵な名前ですね
この名称は長野県産そばの新しいブランドとして、7月26日に商標登録されています 。
 
今回は、そんな「信州ひすいそば」が生み出された
塩尻市の長野県野菜花き試験場にお邪魔しました!
 P1110286.jpg P1110287.jpg
P1110302.jpg
 
↓ひすいそばが生まれたハウス
P1110303.jpg
↓ひすいそばの実
P1110297.jpg
↓”島立”で乾燥中のそばたち
P1110300.jpg
 
お話を伺ったのは、野菜花き試験場 畑作部の丸山秀幸さん
 P1110294.jpg
 
丸山さんは、ひすいそばの品種「長野S8号」の開発に8年間携わりました。
信州のお蕎麦は「信濃1号」という品種が主流でしたが
どの品種でも、収穫したての丸抜きの色が緑色から段々と赤茶色になってしまいます。
そこで、製粉業者の方から
「新そばの色が落ちない、緑色の蕎麦を作って欲しい」という声が上がり
新しい品種を開発することになったそうです
 
丸抜きの色を比較すると、一目瞭然!
左側が従来の品種「信濃1号」、右側が「長野S8号」。鮮やかな緑色です
P1110311.jpg
 
「長野S8号」は、今まで栽培していた「信濃1号」よりも2割ほど実が大きく
色鮮やかで香り高いと評価されています
 
今年は台風が多く、強風でお蕎麦の茎が倒れてしまいましたが
倒れにくさで言うと、「信濃1号」より少し強いということです。
お蕎麦を栽培する農家の皆さんにとってもありがたいですね!
 
丸山さんはそんな「長野S8号」の試験栽培を手作業で続けてきました。
農家の方や製粉業者の方など、緑色のお蕎麦を楽しみにしている人の期待に
応えたいと思いながら、開発に取り組んできたそうです。
「新しい品種が完成して初めてひすいそばを食べたときは
 きれいな緑色に衝撃を受けました。
 いま日本で一番緑色の濃いお蕎麦だと思います。」と語ってくださいました
 
 
そんな「信州ひすいそば」を、塩尻市のお隣 朝日村にある
そば処もえぎ野さんから、特別に提供していただきました・・・!!
 
私も長野に来てから、取材先や休日にお出かけした先で
様々なお蕎麦をいただいてきましたが
今まで食べていたものとは、色と香りが全然違いました
 
先週18日にデビューしたばかりなので
県内でも口にした方はまだ一握りという貴重な「信州ひすいそば」
こちらです!
P1110270.jpg P1110271.jpg 
 
P1110273.jpg P1110281.jpg
 
写真ではきれいな色が伝わらないかもしれませんが・・・
名前の通り、麺は淡いひすい色
”お蕎麦の香り”というと
口に含んだとき、鼻に抜けるような風味が感じられると思いますが
ひすいそばは食べる前に鼻を近づけるだけで
和室に入った瞬間のような、ほっとする和の香りを感じました
口へ運んでみるとつるつるとした食感でのどごしが良く
品の良いお蕎麦という印象を受けました
 
店長の武田修さんは、普段田舎そばを打っているそうですが
「田舎そばに比べてひすいそばは粉がまとまりやすく、
 色と香りが良いので打っていて気分が良い!」とお話してくださいました
お店の常連さんは「いつになったら食べられるの?」と
ひすいそばの登場を心待ちにしているそうです
 
 
皆さんに食べてもらって初めて評価がわかるので、ぜひ召し上がっていただきたい。
いずれは信州を代表する蕎麦として、県内外へ広まっていけば・・・と丸山さん。

色、香り、のどごしと、五感で味わえる「信州ひすいそば」
ぜひ、その魅力を皆さんご自身でお確かめください
 
 
ひすいそばを提供する店舗と、販売開始時期は
長野県のホームページをご覧下さい。
数に限りがありますので、お早めに・・・!
 
「信州ひすいそば」に関するお問い合わせは
長野県農政部農業技術課 026-235-7221
 
 
 
来週からは、県内各地で開かれる
秋の収穫祭をとことこレポートします
それでは皆さん、素敵な週末をお過ごしください☆
 
とこ

2013年10月25日 17:37