ランチタイム@信州

FM長野 ランチタイム@信州  »  とことこにっき36日目 立科町 たてしなりんごふじまつり

      
FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

とことこにっき36日目 立科町 たてしなりんごふじまつり


月曜日に長野市で初雪を観測して
今週は最高気温が10度を下回る日がありました
いよいよ、冬の足音が近づいてきましたね・・・!
 
 
11月前半のながの古今東西~西野智子のとことこさんぽ~
実りの秋☆収穫祭めぐりというテーマで
県内各地で開かれる収穫祭をご紹介してきました
 
今回は、北佐久郡立科町から
来週末に、JA佐久浅間立科センターで開かれる
たてしなりんご ふじまつりについてお伝えしました
 
信州では、秋映・シナノスイート・シナノゴールドと
季節と共にりんごの旬も移り変わってきましたね!
そして、これから楽しみになるのが、蜜の入ったりんごの王様ふじです

ふじと名の付くりんごには
袋をかけて着色をよくする「ふじ」
袋をかけずに太陽の光をたくさん浴びた「サンふじ」の2種類があります。
サンふじは無袋栽培のため肌が荒くなりがちですが
日光を浴びた分、ふじよりも濃厚な味になるんです!
 
サンふじの名称はJA全農長野の登録商標で
無袋栽培のりんごに太陽を意味するサンという名前を付けたのは
立科町が始めなんだそうです
 
 
ということで、今回は立科町にあるりんごの選果場から中継
倉庫に入ってみると、りんごの甘い香りに包まれました
P1110491.jpg P1110498.jpg 
 
建物の裏側には、サンふじ畑が広がっていました
P1110463.jpg P1110453.jpg
 
P1110456.jpg P1110459.jpg
 
インタビューにご出演いただいたのは
JA佐久浅間しらかば西部営農センターの村田正志さん
 P1110452.jpg
 
村田さんは、今日も朝早くからサンふじの選果をしていらっしゃいました
今年は凍霜害や台風の被害を受けたところもありますが
立科町のサンふじの質や収穫量は平年通りということです。
レポートでは、りんご畑を眺めながら
新鮮なサンふじを試食させていただきました
P1110476.jpg 
 
最近は毎日りんごを2個食べている私ですが
やはりもぎたてのサンふじは別格でした・・・!!
今まで食べていたりんごより、濃厚な味でジューシー
甘味と酸味のバランスがちょうど良く、食感もシャキシャキしていました
なにより、蜜が入っていると高級感がありますね☆
 
 
このサンふじが食べたい!と言う方、来週23日(土)から2日間
JA佐久浅間立科センターたてしなりんご ふじまつりが開かれます
P1110449.jpg
 
毎年立科町のサンふじを求めて多くの方が殺到するそうで
去年の販売数は、自家用と贈答用合わせてなんと4,500ケース!
1シーズンに直売するサンふじの半分は、この2日間で販売してしまうそう
 
村田さん達は現在急ピッチで選果を進めていますが
ふじまつり当日も、目が回るくらい大忙し。
会場付近の道で車が渋滞するくらいお客さんがいらっしゃるのに
りんごが足りなくなってしまう年もあり、嬉しい悲鳴を上げているということです。
 
「他のりんごより、立科のサンふじが美味しい」と
大阪から毎年買いに来るリピーターの方もいらっしゃるとか
立科町産のサンふじは、県内外の方から愛されているんですね
 
それだけ立科のサンふじに人気があるのは
りんご栽培に適した環境が整っているから。
 
りんご畑は標高700mのところにあり
昼夜の寒暖差が大きいため、甘いりんごが育ちます。
さらに、粘土質の土壌で雨は比較的少なく、日照量が多いので
りんごに限らず、立科町はお米や高原野菜も味の良いものができるそうです
 
美味しいサンふじができるのは、自然の恵みをたくさん吸収するから。
それを新鮮なうちにいただけるのは、りんご農家の方々をはじめ
村田さんのように朝から晩まで作業をしている皆さんのおかげですね
 
濃厚な味わいを楽しめる立科町のサンふじ、ぜひ召し上がってください
 
また、ふじまつりにお越しの際はサンふじが売り切れてしまう可能性もあるので
お早めにいらしてくださいね
 
 
たてしなりんご ふじまつり
1123日(土)9:00~15:30
1124日(日)9:00~12:00
JA佐久浅間立科センター
お問い合わせ:JA佐久浅間しらかば西部営農センター 0267-56-2600
 
 
               
 
 
ところで皆さん、りんごを買うときはどのように選んでいますか?
”りんごに関しては面食い”というすず姉のように
色や大きさで選んでいる方が多いかもしれません
私も今まではそうでしたが、見た目だけで選ぶのはもったいないですよ!
 
ここで、美味しいりんごの選び方をご紹介します
手に持ったときに見かけよりも重さがあり
指で軽く叩くとコンッと澄んだ音がするものは、実が締まっていて新鮮です。
 
また、蜜の入ったふじが欲しい!という方は、お尻の部分を見てください
緑色が抜けて飴色になっていると、蜜の入っている可能性が高いそうです。
 
その証拠に、こちらのりんごを見比べてください!
見かけでは、右側の方が美味しそうな色をしていますね・・・
P1110489.jpg
ところがどっこい!
お尻の緑色が抜けているのは左側です
P1110479.jpg
半分に切ってみると
左側の方が蜜を豊富に含んでいました!!
P1110485.jpg
 
人もりんごも、見かけだけで判断するのは良くないようです。
ですが、お尻の青いりんごは長持ちするので
保存期間やお好みに合わせてお選びください
 
来週1122日は「いいふじ」ということで長野県りんごの日
皆さんもりんごのお尻を見比べたり、重さを確かめて
「いいふじ」を探してみてくださいね
 
 
11月後半は健康長寿の食材探しというテーマでお送りします!
 
今までレポート中に雨が降ったことはなく
自他共に認める晴れ女だった私ですが・・・
今日の放送、初めて雨になってしまいました
 
晴れ女連勝記録、32回。
来週は晴れますように!!
 
 
明日からお休みの方も、お仕事の方も
風邪などひかないよう暖かくして、素敵な週末をお過ごしください
 
とこ

2013年11月15日 17:45