ランチタイム@信州




現在放送中の記事
2014年3月までの記事
FM長野トップページ メッセージはこちらから



新着情報

この期に及んで新企画とか...アホかと。...でも、やるんだよッ!


ラリホー、ラリホー、ラリルレロ~!

スーパースリーの中だったら断然、ボヨヨンのコイルになりたい

ディレクターの(S)木です!ボヨヨ~ン!

ボヨヨンといえば、ボヨヨンロック!

辛さにこだわるジャワ原人!

と、まぁことほど左様にのっけからハイテンションで

お送りしておりますこのブログも恐らく今回が最終回

何故なら、今週の金曜日放送分で、番組が

今年度の最終回を迎えるからなのでぃ~す!

もうね、テンションあがり過ぎて凸森入っちゃってますからッ!

もう、誰も俺をとめられないッ!

てか、誰もついてこられないッ?

…そんな俺を止められるのは、

とこさんの困ったようなキョトン顔だけ!

そして、鈴姉さんのヤヴァイものを見たように背ける視線!

そんな3人でお送りしてきた

「ランチタイム@信州」も明日が今年度の最終回なのでぃ~す。

…あれ?さっきも言ってないっすか、コレ?

ヤバイ、パラレルワールドに迷い込んじゃった的な?

エンドレスエイト、入ってる的な?

どーせだからデジャビューついでに

この3人でもう1年やっちゃう?

あ、ソレはないですか、そーですね!(いいとも風に)

で、まあアレです。明日のメッセージテーマが

鈴姉さんから既に、というか前回の番組内で

発表されているのを奥サマ、ご存知?

そう、今回のメッセージテーマは…

「お世話になりました」

なんです!

もう鈴姉さんもブログで書いているように、この言葉に

私たち3人の気持ちは集約されているな、と

思ったりなんかしちゃったりするワケですよ。

是非とも皆さんの

「お世話になりました」

メッセージを送っていただきたいな、と。

例えば…

「いやー結構、深い緑に囲まれた

自然が豊かなところでしたよ~!

心が洗われましたわ~、あっはっは!」

というメッセージなんてのもあるかも…

って、ソレは

「お世話になりました」

じゃなくて

「オセアニアに行きました」

じゃないっすかァ!

そーでなくて、「お世話になりました」ですよ!

例えば、ずっと乗っていたバイクや車、文房具、

なかなか言えない家族への感謝の言葉を

この番組を通じて贈っちゃう、なんてのも超シャレオツ!

そーそー、(S)木もこの機に乗じ、

この場を借りて感謝を述べたいと思います!

私の勢いに任せ衝動に突き動かされるまま書き綴った

冗長極まりないブログを読んでくださり、あまつさえ

「楽しみにしています!」なんてメッセージを下さった

リスナーさま!アナタッにこの世の全ての幸という幸、

あらん限りのハッピーが

降り注がんことをッ!

アディオスッ!

 

…あ、終わっちゃった!いや、終わってないッ!

俺たちの戦いはこれからだ~!

いや、マジで。まだ終わりませんから。

ココで終わったらこのブログをココまで書き連ねた意味がない!

えーと、まぁ、アレです。去年の4月から私もブログを書くように

なりまして、様々な企画を起ちあげてきたワケです。

毎週月曜日の「画像秘宝館」。

毎週金曜日の「アルクマ女子部」。

…もう、コーナー名すらうろ覚えなんですけどね、てへ!

まさに、ビルド&スクラップ。

言えばアレです。

ビルド&スクラップラー。

もうね、私のことを今後は

ビルド&スクラップラー刃牙と呼んでいただきたい。

いや、呼ばなくて結構。むしろ呼ばないでください、傷つくから!

…と、まあリミッター解除モードで書き出すとこんな感じで

「あいつが止まらない!」の織田裕二モードで

止まらなくなってしまうので、そろそろ自重したいと思います。

で、何でしたっけ?

あ、そーだ。企画ビルド&スクラップラー刃牙こと

ディレクター(S)木が、この期に及んで新企画を

起ちあげるってハナシですよ、奥サマ!

どーですか、このなんともいえない感じ!

まるで少年誌の不人気マンガの作者が、

担当編集者から

「このままじゃあ打ち切りだよ?」とか

言われ人気獲りに焦るあまり

今までの世界観を無視して超強力な敵キャラを乱発、

設定がハイパーインフレ状態に突入したまま

収集もつかずに迎えた最終回、

ハナシは当然のように何ひとつ解決することなく

ページの柱で

「頑張れ!キミならきっと出来る!

…〇〇先生の次回作にご期待ください!」

というカタチで終結しました的な?

って、ソードマスターヤマトかッ!

いや、違います。計画通りですよ?

えーと、この1回のみの新コーナーの

内容説明をさせていただきますね、ええ。

えーと、番組のオープニング、

鈴姉さんによるメッセージテーマの

発表後にそのテーマに相応しいと(S)木が思った

楽曲を独断と偏見で選びBGMとしてかける時があるのですが、

さて、その楽曲は何でしょうか?

というクイズっぽい企画なんですよ、ええ。

実は今まで、ブログでのメッセージテーマ発表後に

リスナーの皆さんから「この曲をかけて下さい!」

というリクエストを頂戴することもあったのですが、

なかなかご希望に応えることが出来ませんでした…

本当に申し訳ありません!

で、それならばいっそ何をかけるかを

最後にクイズにしちゃおうかな、と。

どーですか、この『この期に及んで』感!

そりゃ林先生だって

『今じゃないでしょッ!?』って言いますわ。

でも、やるんだよッ!

というワケで、メッセージテーマは

「お世話になりました」

でありまして、もちろんこちらに関する

メッセージも大歓迎、両手いっぱいのジョニー大倉状態で

お待ちしているのですが、

私、(S)木がテーマ後に何の曲をかけるか、

というこの企画に乗ってやっても良いよ、という

酔狂な御仁がいらっしゃいましたら、

メッセージに予想した楽曲名を書き添えて

送ってみてください!…喜びますよ、私が。

あ、楽曲としてOAする1曲目ではないので念のため。

(あくまでメッセージテーマ発表直後にかかる曲と

なりますのでそこだけ宜しくお願いします!)

ま、当たったところで賞品などもないお遊び企画なので

特にコーナー名なども考えてなかったのですが、そーですね、

せっかくですから

「第1回 ソードマスターヤマト杯争奪

チキチキ テーマ明け曲名当てコンテスト」

とでもしておきますか!

締切はOAの5分前まで。

そこの酔狂なアナタ!奮ってご応募を!

そしてそして、メッセージテーマ

「お世話になりました!」

こちらの方は是非とも宜しくお願いします!

お世話になった方へのひとこと、

思っていてもなかなか言えない感謝の言葉…。

この機会に是非、綴ってみてください!

あなたは誰に感謝の言葉を送りますか?

恩師・家族・愛車・愛犬…

もっと大きく信州や地球

なんて方もいらっしゃるかも?

あなたからのメッセージ、本気でお待ちしておりますッ!

あ~、随分と下までスクロールしちゃいましたが、

このページの遥か上方左側にある

メッセージフォームから気軽に送れますので

どうぞ宜しくお願い致します!

そしてそして、私ことディレクター(S)木

ブログに1年間お付き合い

いただきましてありがとうございました!

あ、11月3日は何があろうと万難を排し

飯田丘の町フェスに行くつもりなので

宜しくお願いしま~す!

…って、随分と先の話だな、オイッ!

2014年3月27日 10:43

メッセージテーマ♪ vol.52 1年間ありがとう!!


メッセージテーマの発表も今年度最後となりました!!
ついこの間、 ランチタイム@信州  を担当し始めたような気がしているのですが、
あっという間に時は流れ、今年度の最終回 を迎えます
 
本当にあっという間
だから、いろんなシーンをありありと思い出すことができます。
  こんな方にお会いしたな…
  あんなところに行ったな…  
  こんなメッセージを送ってもらったな…
 
 
そして、今、心に浮かぶ言葉 はひとつ。
それが、ラストのメッセージテーマです!
 
 
   お世話になりました    
 
 
 
  この1年、お世話になったあの方へ
  長く愛用していた〇〇のお話
 
などなど、 感謝のメッセージ はもちろん、
 
  花粉の季節にお世話になるアイテム
  世話好きのご近所さん
 
などなど、 「お世話」にまつわるエピソード もお待ちしています
 
 
今年度ラストの ランチタイム@信州
らしく、明るく楽しくお送りします
 
ぜひ、あなたも メッセージで参加 してくださいね
 
すず姉

2014年3月25日 11:20

もぐもぐにっき 12皿目


レポーターのとこが信州の美味しいものをご紹介するもぐもぐにっき
最終回です!!
 
今回は、道の駅 日義木曽駒高原にある、お食事処 巴(ともえ)さん
木曽牛コロッケ定食
P1120603.jpg
 
750円でこのボリューム
ごはんはお替り自由です。
 
あまり知られていませんが、木曽は県内最大の子牛の産地。
牛肉は煮たあとにほぐしているので、とっても柔らかいんですよ
P1120607.jpg
 
木曽路をドライブする際は、ぜひご賞味ください
 
 
とこ

2014年3月25日 10:22

ごちそうさまでした♪ vol.51 古代ロマン!


3月も終わりに差し掛かった今週、
ビッグなニュースが飛び込んできました!
 
  「仮面の女神」 国宝に!! 
 
茅野市の中ッ原遺跡で出土した縄文時代の土偶
国宝に指定されることが決定しました
 
歴史のロマンを感じますね~
ということで、今週の信州ナビゲーション
   遺跡発掘から分かる 長野県の歴史    を紐解きました。
 
お話を伺ったのは、長野県埋蔵文化財センター・調査部長の
大竹憲昭さん
IMGP2443.jpg
 
 
オンエア当日の3月21日から、千曲市の長野県立歴史館では
長野県埋蔵文化財センター速報展「長野県の遺跡発掘2014」が開かれています。
 
埋蔵文化財センターは、道路整備などの公共事業を行う前に
その開発場所の土の下に眠っている遺跡を発掘し、調査する機関。
工事のために土を掘ってみたら遺跡が見つかった!ということ、
長野県ではよくあることで、県内にはおよそ14600か所の遺跡があるんです!
まさに 歴史の宝庫
旧石器時代を代表するのが、ナウマンゾウの化石が発見された 野尻湖遺跡群(信濃町)。
そして、縄文時代では、国宝「縄文のヴィーナス」が出土した 棚畑遺跡(茅野市)や
先日、国宝になることが決まった「仮面の女神」が出土した 中ッ原遺跡(茅野市)、
日本3大遺跡のうちの二つ、尖石遺跡(茅野市)や 平出遺跡(塩尻市)などなど、
全国的にも有名な遺跡が県内に数多く存在します。
 
特に縄文時代、長野県はかなり重要な地域でした。
当時、霧ヶ峰の周辺は本州最大の黒曜石の産地でした。
石器のなかでも切れ味鋭い黒曜石は縄文人たちの憧れの材料
黒曜石を求めた人々により、たくさんの遺跡が残されました。
 
今回の企画展にも黒曜石の石器が展示されているのですが、
スタジオには「水晶製の石器」をお持ちいただきました。
それが、コチラ
IMGP2432.jpg
 
手のひらサイズの大きな水晶は、石器と言うより宝飾品のよう!
透き通っていてキレイでした
IMGP2441.jpg
 
金属がない旧石器・縄文時代、ガラスのような鋭い切れ味の水晶や黒曜石は
人々にとって、生きていくための貴重な道具のための材料だったんですね。
発掘されたものから、そういった時代背景が伺えます。
 
 
さらに、歴史の宝庫・信州からは、これまでの歴史を見直すような大発見もあるんです!
それが中野市の柳沢遺跡
この遺跡からは銅鐸などの青銅器が見つかりました
西日本に多い青銅器が長野県でも見つかったということで日本中の注目を集め
国の重要文化財に指定されることも決まりました!
 
 
そんな重要な出土品の数々が展示されるのが、
今回の企画「長野県の遺跡発掘2014」
23の遺跡の390点が展示されています。
 
歴史ファンにとってたまらないのは、出土品から当時の生活や文化、
人々の営みを探ること、なのではないでしょうか?
歴史のロマンを感じる出土品として、今回、大竹さんにご紹介頂いたのは
浅川扇状地遺跡群(長野市)から見つかった二段の口を持つ弥生時代の「赤い壺」
 
口が二段になった土器のかけらはこれまでにも発見されていましたが、
それが「壺」だとわかったのは初めてなんだそうです。
ただ、なぜ口が二段なのか? どうしてこのような特殊な土器が残されたのか? は
大きな謎
今から1700年前の弥生時代の終わりごろ、古墳時代という新時代との変わり目で
社会に大きな変化があったのではないか…と大竹さんは推察していますが、
県民の皆さんにもぜひ、実物を見てその謎に一緒に迫ってほしい!ということですよ。
 
今回の企画展では、さまざまな出土品と共に
飯山城跡・松代城跡・松本城跡・飯田城跡の4つの遺跡の発掘調査成果も展示。
お城好きの方は必見 ですよ!
さらに、土器の立体パズルやクイズなど、お子さんたちも楽しめる企画もあります。
 
 
  長野県埋蔵文化財センター速報展
   「長野県の遺跡発掘2014」
 
      ◆ 千曲市 長野県立歴史館
      ◆ 6月1日(日)まで
 
 
この 春休み は、信州の歴史を体感してみませんか?
 
すず姉

2014年3月22日 13:51

とことこにっき53日目 木曽町 木曽馬の乗馬&プレゼント♪


今週のながの古今東西~西野智子のとことこさんぽ~
最後の生中継レポート
 
Ride on 信州 というテーマの2回目でした!
 
 
長野市から車を走らせること3時間。
木曽町開田高原にある木曽馬の里に行って来ました
P1120670.jpg
 
ここでは約30頭の木曽馬がのんびりと暮らしています
P1120633.jpg P1120634.jpg
 
最盛期の明治時代には、開田高原だけでも2,000~3,000頭が飼育されていて
夏は農業を手伝い、冬は山から木材を運び、農耕馬として農家の暮らしを支えてきました。
当時は民家の1番日当たりの良い場所で飼われていたそう
木曽馬は、家族と同じように大切にされていたんですね…!
ですが、機械化が進んだことで木曽馬の活躍の場も激減し
現在は木曽地域で約50頭、全国的には約160頭が飼育されているということです。
 
木曽馬の体型は、胴長短足
平均身長は130cmで、お尻は蕎麦の実のようなかたちをしています(笑)
温厚で人懐こく、見た目も性格も親しみやすい馬なんです
P1120635.jpg
 
 
ということで、今回私が乗ったのはこの木曽馬
木曽馬乗馬センター中川剛(たける)さんにお話を伺いました
P1120609.jpg
 
中川さんは愛知県のご出身
学生時代に競走馬の調教を学んでいたとき
専門学校の実習で木曽に来たことがきっかけで
自ら村長に手紙を書き、木曽馬に携わる仕事を始められました!!
 
直談判してまで木曽馬に惹かれた理由を尋ねると
” 木曽馬は小柄でおとなしいので、仕事でありながら一緒に居て気持ちが安らぐ ”
” 今は家でも飼っていて、自分にとって家族のような存在になった ”
 と語ってくださいました。
 
 
そんな、今も昔も地域で愛されている木曽馬
私も乗って来ました
P1120626.jpg
 
13才メスのヒノキちゃんです☆
P1120620.jpg
 
性格だけでなく、歩き方まで優しいヒノキちゃん。
背が低く安定していて、揺れが少ないので
これならお子さんでも安心して乗馬が楽しめます
 
背が低いとはいえ、普段よりも視線が60cmくらい高くなるので
地面に立っていては見えなかった御嶽山が眺められましたよ
ヒノキちゃんのぬくもりを感じながら
開田高原の雪景色をゆっくりまったり満喫しました
 
せっかく一緒にお出かけしたので
アルクマも…(笑)
P1120625.jpg P1120623.jpg
 
 
今回は木曽馬に乗って、心安らぐひとときを過ごしましたが
木曽馬と人との付き合い方は、乗馬だけではありません!
 
かつて木曽地域では、山で伐り出した木材を馬が運ぶ馬搬が行われていました
木曽馬はトラクターが入れない場所でも、500kgくらいの木材を運ぶことができるんです。
中川さん達はそんな馬搬を復活させようと、練習会などに取り組んでいます
 
近くの高校に森林環境科とインテリア科があるので
今後は ” 馬搬で運んだ木曽ヒノキで製品を作る” など
馬搬の活動に付加価値をつけることが目標だそうです!
 
 
「木曽馬は年をとっても無理なく付き合える馬。
 実際に触れ合ってみて、木曽馬から何か感じるものを得て欲しいです」と中川さん
 
みなさんも、優しくて力持ちな木曽馬に会いに来てくださいね
 
 
木曽馬の乗馬500円から体験できます
詳しくは・・・
 
 
 

 リスナープレゼント 

 
木曽の伝統工芸品といえば木曽漆器
今回は、木曽町のお土産として漆塗りのお箸5名様に差し上げます!
いつか馬搬が復活したら
木曽馬が運んだヒノキで、漆器が作られるようになるかもしれませんね
P1120665.jpg
 
プレゼントご希望の方は
 ・郵便番号
 ・住所
 ・本名
 ・ラジオネーム を添えて
メールまたはこのページ左上のメッセージフォームからご応募ください
メールの宛先はlunchtime@fmnagano.co.jp
応募締切は26日(水)です!
 
みなさんからのご応募、お待ちしています
 
 
先週のリスナープレゼントに当選された方は
・雪グニッチさん
・昭和やまちかよちさん
・たまくんさん です
おめでとうございました!!
 
 
とこ

2014年3月21日 16:45

<<前のページへ 1234567891011