ランチタイム@信州

FM長野 ランチタイム@信州  »  「しあわせdiscovery」第29回 飯島町・「飯島歴史民俗資料館 飯島陣屋」

      
FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

「しあわせdiscovery」第29回 飯島町・「飯島歴史民俗資料館 飯島陣屋」


皆さんこんにちは!
今週の「しあわせdiscovery」上伊那郡 飯島町にある
 
飯島歴史民俗資料館 飯島陣屋
 
にて、ランチタイムスタッフ一同、信州ならではの厳選食材で炊き込みご飯を作ってきました!
館長の丸山浩隆さんとスタッフの北林瑞穂さんにご指導いただきました。
 jin.jpg
飯島陣屋は江戸時代に、幕府に代わって伊那谷地域を治めるため派遣された代官と呼ばれる役職の人がいた役所です。
設置されたのは1677年、明治時代に入ってからは信州で初めて県庁となりました。
敷地内には、150年前に使われていた机やそろばん、金庫、お代官様のお座敷など、当時の資料や調度品が展示・公開されています。
昔の資料は触ってはいけないというところが多いと思いますが、ここ飯島陣屋の面白い所は、展示物は手に触れて確かめて、写真はどんどんお撮り下さいね、というとっても親しみやすい資料館なんです
本格的な貸衣装もあるので、江戸時代にタイムスリップした気分になれるスポットです。
そして、館内のいろりかまどを実際に体験できるんです
は釜使ってのお米のとぎ方、火打石での火熾し、薪を焚くテクニックを教えてもらえます。
ふっくら炊きたてのご飯と、町内で採れた新鮮野菜のお味噌汁でお腹も心もほっこりくつろいだ時間を味わえます
お代官様が食べていたご飯もここで作られていたと思うと、贅沢な気分にもなれますよね
 
お問い合わせ
かまど体験については、飯島陣屋、電話番号:0265-86-4212
または「信州伊那里博覧会イーラ」の体験プログラム「かまどでご飯を炊いて食べよう」まで。
信州伊那里泊覧会イーラ実行委員会、電話番号:0265-96-0103
予約は希望日の10日前まで。最少推行人数は5人となっています。
 
あなたも江戸時代のお屋敷を体験してみませんか
 
火打石に定評のあるかなっぺ

2014年10月21日 14:30