ランチタイム@信州

FM長野 ランチタイム@信州  »  「しあわせdiscovery」第四十八回 飯綱町・「苹果染め」

      
FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

「しあわせdiscovery」第四十八回 飯綱町・「苹果染め」


皆さんこんにちは!
今週の「しあわせdiscovery」は飯綱町にある苹果染め工房にて
苹果染めを体験して来ました。
 
苹果染グループ 佐藤アツ子さん、長崎ミツ子さんに教えて頂きましたよ。
 ping.jpg
飯綱町といえば、信州でもりんごの一大産地
そのりんごの実ではなく、りんごの木の皮を使った染物作りを体験してきましたよ。
 
苹果というのは中国語で「りんご」のこと。優しい子という意味が込められています。
30分りんごの木の皮と水だけで煮出した染料はまるで紅茶のよう。
お鍋のふたを開けると、りんごの甘酸っぱい、いい香りが部屋に広がります
60cmのシルクのスカーフを染料へさっと浸すとすぐに綺麗な黄色に染まりました。
まるでごの実の蜜のような黄金色木の皮から実の色が出るのは不思議
草よりも木の皮、枝より太い幹の皮の方がしっかりとした色が出るそうです
木の年齢や皮を取った時期、乾燥した時間それぞれ時期によって色が違うんです。
その変化がとても楽しいので続けていますと、佐藤さん、長崎さん
 
まだ寒いこの時期は、黒や紺のタートルネックと合わせると色が良く映えますよ
春になったら首元にクルリと巻こうっと
 
お問い合わせ
体験は4名から、一週間前に事前予約が必要です。どんなものを作りたいかご相談下さい。
3/6までは、アップルミュージアムのギャラリーに苹果染めグループ皆さんの作品が展示されています。
世界に1つだけのとっておきの色で作られた染物。ぜひ体験して下さい
 
春色スカーフでお散歩かなっぺ

2015年3月 2日 10:00