ランチタイム@信州



FM長野トップページ メッセージはこちらから しあわせ信州ナビゲーション アーカイブ
信州人の福耳 県内各地で出会ったしあわせを感じる音
2043年3月までの記事



新着情報

「しあわせdiscovery」第四十五回 北相木村・「岩茸」


皆さんこんにちは!
2/6(金)放送の「しあわせdiscovery」は北相木村でハレの日に食べられている
 
「岩茸」   をご紹介しました。
 
それぞれの地域で、おめでたい日にはコレ!という食材があると思いますが、
北相木村で昔から食べられているのは、岩に茸と書いて、「岩茸」。
 
どんな茸なのか、岩茸のおやきを製造、販売している相木商会へお邪魔してきました。
お話を伺ったのは相木商会製造部 山口一子さんです。
 
kitaiki.jpg
岩茸は崖や岩の間に生えていて、成長は1年に数mmという貴重品
手のひらサイズになるのに20年はかかると言われています
更に、命綱をしないと行かれないような危険な岩場で採れるので
「幻のきのこ」と呼ばれているんです。
 
まず驚いたのは色が真っ黒習字で使う墨のように黒いんです。
乾燥した状態だとしわしわの紙のようでパリパリ
お湯に浸けるとベルトの皮のようになります。
下ごしらえではお湯に浸けてイシヅキを取って
両手を合わせてくるくるまわしながら洗います。
その後、味付けをして煮たのがこちらのおやきの具
岩茸をたっぷり、椎茸としめじを合わせています。
 
貴重な岩茸を使っておやきを作っているのは、相木商会だけ
秘伝のレシピで、岩茸の美味しさがぐっと引き立っています。
独特のもちもちした歯ごたえが癖になります。ふわふわのおやきの皮ともベストマッチ
なかなか手に入らない貴重な岩茸おやきは1個500円
ボリューム満点!!とっても美味しかったですよ
相木商会では、なんと、1日900~1000個のおやきを愛情込めて作っています。
 
お問い合わせ
岩茸おやきが、2/15(日)に開催される第32回三滝山氷まつりで販売されます。
おまつりについては、北相木村公式HPの「三滝ブログ」をご覧ください。
 
この機会に、北相木村に足を運んで、幻の味を味わってみませんか?

新たな味をハッケンかなっぺ

2015年2月11日 10:00

しあわせ信州ナビゲーション vol.45


あなたは献血をしたことがありますか??
冬は、献血する人の数が減少すると言われています
また献血をする若い人が
最近とても少なくなっているのだそうです
 
これまで1度も献血をしたことがない方の理由として
特に行くきっかけがない」ですとか
注射が苦手で怖いから行けない
…などの声が寄せられています
 
一方で、よく献血する方からは
困っている人へのボランティアです」という
声があがっていました
kenketu3.JPG 
うかがった長野献血ルーム
おしゃれなカフェのような雰囲気で
いらしていたみなさん、マンガを読んだりお茶を飲んだり
とてもリラックスして過ごしていらっしゃいましたよ
 
献血された血液は、ほとんどが
ガンなどの病気の治療に使われるのだそうです
kenketu2.JPG 
県 健康福祉部 保科 憲孝さんは、
必要とされる血液が増えていくにもかかわらず
将来的には血液が足りなくなってしまう状況を
教えてくださいました
  
命をつなぐボランティア献血
ぜひ勇気を出して協力してみませんか??
 
O.Aの内容はこちら
※パソコンの環境により聴取できない場合もございます。ご了承ください。
 
番組Facebookも随時更新しています
 
大湾

2015年2月10日 10:00

週末おでかけ情報&お知らせ


大町市では2月の毎週土曜日に
「大町温泉郷夢花火と音の祭典」が行われます。
毎週、冬の澄み切った夜空に上がる花火をバックに、
和太鼓の演奏が響きます。
7日(土)は大町温泉郷入口で、夜8時からオープニングセレモニー、
大町市民吹奏楽団の演奏、三九郎まつりなどのイベントも行われます。
週末は音と光のコラボレーションを楽しみませんか。
お問い合わせは、大町温泉郷観光協会
0261-22-3038までお願いします。
 
2月7日(土)午前10時から、
木曽町の開田高原西野下栗尾農道で、
「雪と遊ぼう!開田高原かまくらまつり」が開かれます。
広大な雪原の会場で、「雪のすべり台」、
木曽馬による「馬ゾリ」が体験できるほか、
「スノーシュー」、「スノーモービルの乗車」、
「かまくら作り」など冬ならではの体験メニューが用意されています。
子どもも大人も木曽の冬を満喫してください。
詳しいことについては開田高原観光案内所
電話0264・42・3350までどうぞ。
 
信州山岳環境魅力発信フォーラム
信州山岳環境魅力発信フォーラムが
2月15日(日)、長野市東部文化ホールで開かれます。
アイドルグループ オトメ☆コーポレーションによる
「『信州 山ガール』への挑戦」の活動報告や、
信州の山の保全と活用を考えるトークセッションなどが行われます。
詳しいことは、県庁自然保護課
電話026・235・7178までお問い合わせください。

小児救急電話相談
県では、お子さんの急な病気や
けがへの対処などをアドバイスする「小児救急電話相談」を、
毎日午後7時から午後11時まで実施しています。
電話番号は「#8000」です。
アナログ回線、IP電話をお使いの場合は、
0263・34・8000までお電話ください。
 

2015年2月 6日 15:00

今週もお楽しみに♫


立春を迎えて暦の上では、もう
 
気候はまだまだ春には遠いですが、
春といえば、卒業式に入学式、受験の合格祝いなど
しあわせな行事が目白押し
 
明日のかなっぺのレポートは、おめでたいお祝いごとに
食べられる幻の食材北相木村ハッケン
真っ黒いコチラは何でしょう?!
 
  iwatake.JPG
 
しあわせ信州ナビゲーションでは、献血についてご紹介します。
 
今週もあなたからのご参加お待ちしています
献血ルームに足を運ぶよ、という方や行ったことがない方も
献血のエピソードを添えてメッセージくださいね
 
また、あなたの地域の
お祝いの席で食べるオススメ食材があれば教えてください
 
メッセージ宛て先は、
番組Facebookも随時更新しています

2015年2月 5日 17:55

しあわせ信州ナビゲーション vol.44


こんにちは 今週から2月に入りましたね
冬の間も、農家のみなさんは機械の整備などをして
春からの農作業の準備を進めていらっしゃいます
 
今回は、い世代で増えてきている
20代・30代の農業ライフをご紹介しました
 
お話うかがったのは、中野市のお米農家に嫁がれた
清水 絵美さんです。
虫が嫌いで農作業にまったく興味がなかった清水さんですが
水がはった田んぼに入ってみたら
自然をとても身近に感じ、その魅力に
いつのまにかハマってしまったのだそうです
shimizu-san1.jpg 
性別に関係なく仕事ができて、毎日違う作業なのが
とても楽しいとお話ししてくださいましたよ
 
長野県は、清水さんのように農業に励む若い世代の
交流の場づくりを支援しています
 
harasan-ikusei1.jpg
スタジオに来てくださった県 農政部 農村振興課の
原 啓一郎さんが、そのうちの1つ
日(金)に東御市で行われる
紹介してくださいました
 
実際に農業をされている方のお話は説得力があります
農業に関心がある方は、ぜひ農業の世界へ
一歩踏み出すきっかけにしてくださいね 
 
O.Aの内容はこちら
※パソコンの環境により聴取できない場合もございます。ご了承ください。

 
 
番組Facebookも随時更新しています
 
大湾

2015年2月 3日 17:02

<<前のページへ 345678910111213